コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンセット ウンセット Undset, Sigrid

6件 の用語解説(ウンセットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンセット
ウンセット
Undset, Sigrid

[生]1882.5.20. デンマーク,カルンドボア
[没]1949.6.10. オスロ
ノルウェー女流作家。 1928年度ノーベル文学賞受賞。著名な考古学者を父に,デンマーク人を母に生れた。父の早世のため志望の画家の道を進むことができず,商業学校を出て 10年余を商館事務員として過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウンセット(Sigrid Undset)

[1882~1949]ノルウェーの女流小説家。女性心理を描いた宗教性の濃い作品で知られる。1928年、ノーベル文学賞受賞。作「クリスティン‐ラブランスダッテル」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウンセット

ノルウェーの女性作家。父は有名な考古学者。長く事務員をし,職業婦人を描くことで出発。画家志望の女性の不幸な恋を扱った《イェニイ》が出世作。《クリスティン・ラブランスダッテル》(1920年―1922年)は貴族の娘の生涯を描いた三部作,《オラーブ・オードゥンソン》(1925年)は男性を主人公とした四部作で,ともに中世のカトリックを描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウンセット【Sigrid Undset】

1882‐1949
ノルウェーの女流小説家。著名な考古学者の娘に生まれ,幼少の頃から古い時代に親しんだ。常に女性問題を扱ったが女性解放運動からは距離をおいていた。最初に名を出した《イェニイ》(1911)は女流画家が理想の愛を実現しようとして苦しむ現代小説。代表作は14世紀前半のノルウェーに設定された《クリスティン・ラブランスダッテル》三部作(1920‐22)。詳細な時代考証によるリアリズム小説で,クリスティンの成長と恋愛体験,結婚生活と夫の裏切り,子どもの苦労から破局をへて神への信仰にいたる壮大な一生の物語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウンセット【Sigrid Undset】

1882~1949) ノルウェーの女流小説家。中世を舞台にした歴史小説を書く。代表作は三部作から成る「クリスチン=ラブランスダッテル」および「イェンニー」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンセット
うんせっと
Sigrid Undset
(1882―1949)

ノルウェーの女流小説家。有名な考古学者を父とし、デンマーク人を母として生まれる。画家志望だったが、父の早世のため商業学校を出て事務員となり、その体験を描くことから出発した。処女作『マルタ・ウーリィ夫人』(1907)は、平凡な労働者と結婚した女性が倦怠(けんたい)から姦通(かんつう)を犯すまでを日記体に描いた作品。『イェンニー』(1911)は前期の代表作で、まじめで絵の天分もある女がローマに行って理想の相手ヘルゲと結ばれるが、やがて夫の性格に飽き足らず、帰国後は夫の父親に身を任せ、その三角関係に悩んで自殺するに至る過程をきわめて率直大胆に描いた。そののちはるか年上の画家と結婚し、女性の幸福は「婦人解放」にはなく、夫と子と家庭にあることを強調するようになり、『春』(1914)などの作品を書く。しかし結婚生活にも失敗し、これらの苦しい体験を経て人間の悲劇性と宗教に深く思いを潜め、そこに作者の名を世界的にした二つの大作が書かれる。『クリスチン・ラブランスダッター』三部作(1920~22)と『ウーラブ・オードウンセン』四部作(1925~27)で、人間はついに信仰によってでなくては救われぬというのが彼女の得た結論で、その過程でカトリックに改宗した。1928年ノーベル文学賞受賞。40年、祖国にドイツ軍が侵入するとアメリカに亡命し、講演・ラジオなどを通じて抵抗運動に従事した。平和回復によって帰国したが、あまり活動しないうちに急逝した。未完の遺作に『ドロテア夫人』がある。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウンセットの言及

【ノルウェー】より

…かつて,11世紀にノルウェーに入ってきて隆盛を極めた教会建築様式スターブヒルケstavkirke(樽板造りの木造教会)は今日ノルウェーでのみ完全な形で観察される特異な建築芸術であるが,同様に,この国の独創でなくとも,それなりに特異な芸術作品は20世紀ノルウェーにもある。中世世界を活写したウンセットの歴史小説《クリスティン・ラブランスダッテル》,オスロ市庁舎内の壁画を頂点とする〈フラスコ画三巨匠〉,レーボルAxel Revold(1887‐1962),ロルフセンAlf Rolfsen(1895‐1979),クローグPer Krohg(1889‐1965)らの壁画制作,反ロマン的《ペール・ギュント》の舞台の劇音楽(1948)を書いたセーベルードHarald Sæverudの作品等々である。しかし,彼らが矛盾より調和に近いことも事実である。…

※「ウンセット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウンセットの関連キーワードノルウェーブロンテノルウェージャンフォレストキャットノルゲニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェーの森サンデモーセボーイエル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウンセットの関連情報