コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーラント Uhland, (Johann) Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーラント
Uhland, (Johann) Ludwig

[生]1787.4.26. テュービンゲン
[没]1862.11.13. テュービンゲン
ドイツ・ロマン派の詩人民謡風の抒情詩バラードで有名。テュービンゲン大学で法律を学び弁護士となり,議員にも選出された。ドイツ統一挫折後,母校の教授としてドイツ中世文学を講じた。民謡研究にも深い関心を示し,この方面での著作も多い。広く愛誦される『羊飼いの日曜の歌』 Schäfers Sonntagslied,『少年の山の歌』 Des Knaben Bergliedなどはいずれも 20歳前の作品。彼の抒情詩は簡素な美しさをもち,故郷シュワーベンの自然を素朴な感情で歌っているが,個人的抒情というより国民的民族的な感情を歌おうとしている。バラードのほか,ドイツ中世,ラテン中世に材をとった叙事詩にもその才能を発揮した。学問的な著作では『ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ』 Walther von der Vogelweide (1822) が代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウーラント(Ludwig Uhland)

[1787~1862]ドイツの詩人。後期ロマン派に属し、民謡風の詩やバラードを作った。作「良き戦友」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウーラント

ドイツの詩人。民謡ふうの詩やバラード名作を書いた。シューベルトシューマンの作曲による歌曲としても親しまれている。誠実な民主主義者として政治的にも活躍し,また中世以来の民謡や伝説の研究も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウーラント【Ludwig Uhland】

1787‐1862
ドイツの詩人。チュービンゲンに生まれ,法律と文学を学び,弁護士になる一方,独仏の古い民謡・民話の研究にも取り組み,古謡の収集に業績をあげ,大学で文学の講義も担当した。早くからシュワープGustav Schwab(1792‐1850)らと親交を結び,民謡的な詩や《盲いた王》《詩人の呪い》などバラードの名作を書いて,後期ロマン派のシュワーベン詩派を代表する詩人となった。シューベルトやシューマンの作曲によって親しまれている詩も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウーラント【Ludwig Uhland】

1787~1862) ドイツ後期ロマン派の詩人。民謡風の抒情詩やバラードを書いた。古謡・民話を収集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーラント
うーらんと
Ludwig Uhland
(1787―1862)

ドイツ後期ロマン主義、シュワーベン詩派の代表的詩人。生地チュービンゲン大学で法律を修め、パリに遊学、専攻の法学よりもフランスやドイツの中世文学に傾倒。弁護士を経て自由・民権の闘士として州議会やフランクフルト国民議会の代議士となり活躍の一方、詩作と文学の研究を続け、学殖を認められて、一時、出身大学でドイツ文学の員外教授、ドイツ統一の夢が破れると、ドイツの中世文学や民謡の研究に専念した。その素朴な叙情詩は自然と郷土への親愛感にあふれ、洗練された格調で人々に共通の心情や体験を詠じた。伝説や史実による叙事的物語詩がとくに優れ、『若きジークフリート』『良き戦友』『居酒屋の娘』などは好んで朗読され、歌として愛唱されている。民謡収集・研究の成果『ドイツ古民謡集』(1844~45)は詳しい論考・注釈付きの最初の学問的ドイツ民謡集で、ドイツの伝説や文学史の論著とともにいまなお高く評価されている。[原 俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウーラントの関連キーワードケルナー(Justinus Andreas Kerner)シュトゥットガルトザウアークラウト4月26日ジムロックグリューンレーナウ俊彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android