エナメル線(読み)エナメルせん(英語表記)enamel wire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エナメル線
エナメルせん
enamel wire

絶縁材料にエナメルを用いた電線。直径 0.025~3.2mmの軟銅線に厚さ 0.003~0.035mm程度の高分子化合物を溶かしたワニス絶縁被膜を焼き付けたもの。被膜には,ポリビニルホルマールポリウレタン,ポリアミドイミド,ポリエステルナイロンなどが使われている。耐電圧が割合に高く,電気機器,通信機器,電気計器などの巻線用,配線用に広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エナメルせん【エナメル線】

軟銅線に絶縁用エナメルを塗装焼き付けした電線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android