コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニ エニ ENI; Ente Nazionale Idrocarburi

2件 の用語解説(エニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニ
エニ
ENI; Ente Nazionale Idrocarburi

イタリア最大の総合石油持株会社。 1953年既存の国策会社を統合して設立。 95年民営化される。石油・天然ガス採取,製品販売の事業会社 AGIP,石油製精,肥料,石油化学の事業会社 ANICパイプラインタンカー原子力部門の事業会社 SNAMの3持株子会社を通じて約 90の関連企業を統轄する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニ
えに
Eni S.p.A.

1953年に成立したイタリア政府全額出資の国営炭化水素公社Ente Nazionale Idrocarburiの略称。1926年に設立された半官半民の石油会社Azienda Generale Italiana Petroli(略称はAgip(アジップ))等を母体としている。第二次世界大戦後、イタリアの実業家エンリコ・マッテイはイタリア政府から同社の清算を命じられたが、北イタリアでの大ガス田の発見を契機に、これを国際石油資本と対抗するイタリア独自の総合エネルギー機関として改組することに方針を変更し、1953年初代総裁として就任した。1971年にはオランダとソ連から初めて天然ガスを輸入。1973年、アルジェリア、チュニジアとの間にガスパイプラインを建設するなど探査・生産にも力を入れた。1992年にエニ株式会社に組織変更。1995年、民営化のため政府が持株の一部を売り出し、ニューヨークとミラノの証券取引所に上場。1996年(2回目)、1997年(3回目)の売却で政府の持株比率は51.3%に低下し、1998年には38%になった。さらに2001年には残りの持株の5%を売却し、イタリア政府は将来的には全持株を売却する考えであると発表している。
 傘下には、天然ガスの輸送・供給を行うズナム社Snam Rete Gas、石油化学のシンディアル社Syndial(旧エニケム社EniChem)、商事・海運を担うエニ・トレイディング・シッピング社Eni Trading and Shipping、石油プラント・パイプライン建設、炭化水素の掘削などを行うサイペム社Saipem、石油精製・化学プラント建設のズナムプロゲッティ社Snamprogettiがあったが、2006年には、サイペム社がズナムプロゲッティ社を吸収統合し、世界有数の総合プラントエンジニアリング会社となる。2009年の石油生産量は日産約101万バレル、世界40か国に油の利権を有している。天然ガスの供給量は日産43億7400万立方フィート。イタリアのほか、アルジェリア、ロシア、オランダなどとも供給契約を結んでいる。
 2009年の売上高は約832億ユーロ。内訳は、探査・生産28.6%、天然ガス36.6%、精製・販売38.2%、石油化学5.1%、エンジニアリング11.6%など(調整前)。総資産は約1175億ユーロ、従業員数は約7万8000人、純利益は約43億ユーロ。保有する石油・天然ガスの確認可採埋蔵量は約65億7100万バレル(石油換算)である。[湯沢 威・田村隆司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エニの関連キーワード金融持ち株会社・金融持株会社持ち株会社・持株会社ENI事業持株会社認定放送持株会社シティコープ[会社]ピレリ[会社]エネルイタリア石油会社TOTAL

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エニの関連情報