エボシガイ(英語表記)Lepas anatifera; goose barnacle

  • えぼしがい / 烏帽子貝

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顎脚綱有柄目エボシガイ科 Lepadidae。白色の 5枚の殻板に覆われた頭状部と伸縮自在の柄部からなる。頭状部は 3~5cm,柄部は 4~5cm。流木などについて浮遊,あるいは漁網船底に群生付着する。世界に広く分布し,近縁のカルエボシ L. anserifera やウキエボシ Dosima fascicularis などもごく普通に見られる。エボシガイ科にはこのほか,ガザミにつくコスジエボシ Conchoderma virgatum hunteriクラゲにつくクラゲエボシ Alepas pacifica などのように,付着の対象を他動物に限定するものも多い。(→顎脚類甲殻類節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツメガイともいう(イラスト)。海洋に広く分布し,漂流物,船底,定置網のうきなどに付着し群生する蔓脚(まんきやく)亜綱エボシガイ科の甲殻類。体は背甲の変形した暗褐色膜状の外套(がいとう)に包まれ,扁平な楕円形の頭状部と棒状の柄部に分かれている。頭状部は長さ3~5cmくらい,外套表面には白色で石灰質の殻板が5枚あり,腹側に外套口が細く開いている。柄部は肉質で,頭状部の数倍の長さのものもある。頭状部の中には柔らかいキチン質に包まれた体部があり,頭胸部と痕跡的な腹部とからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門甲殻綱完胸目エボシガイ科に属する海産動物。流木や流れ藻などについて漂流し、漁網や船底にもつく。全大洋に広く分布し、日本近海にも多い。青白色の5枚の殻板、すなわち1枚の峰板(ほうばん)、1対ずつの背板と楯板(じゅんばん)で覆われた頭状部は約5センチメートルで、伸縮自在の柄部も5センチメートルほどである。軽石について漂流するカルエボシL. anseriferaも日本近海に少なくない。エボシガイの名は、主としてカニ類につくハダカエボシHeterolepas quadrata(ハダカエボシ科)やタカアシガニにつくヒメエボシPoecilasma kaempferi(ヒメエボシ科)なども含めて、総称名として使われることもある。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエボシガイの言及

【シンジュガイ(真珠貝)】より

…後方へ斜めに成長する。その形からエボシガイ(烏帽子貝)の名もある。表面は黒褐色,内面は真珠光沢が強い。…

※「エボシガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android