コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンケファリン エンケファリン enkephalin

翻訳|enkephalin

5件 の用語解説(エンケファリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンケファリン
エンケファリン
enkephalin

モルヒネのような麻酔・鎮痛作用を持つペプチド (アミノ酸が複数個結合したもの) 。ほ乳類の特定神経細胞に存在し,神経末端から分泌され,モルヒネと同じ受容体に結合して生理活性を示す。生理的な役割については詳細に分っていないが,神経内分泌機能の調節,痛覚制御のほか,摂食・飲食行動を誘起すると考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エンケファリン(enkephalin)

脳のほか脳下垂体・脊髄・副腎髄質などに分布し、モルヒネ受容体と結合して鎮静作用を生じるペプチドアミノ酸5個からなり、2種が知られている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エンケファリン

哺乳(ほにゅう)類の脳や脳下垂体,脊髄,消化管,副腎髄質などに存在するペプチド。アミノ酸5つからなる。末端のアミノ酸が異なる2種類がある。エンドルフィンと同様,モルヒネ受容体に結合し,鎮痛作用をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

エンケファリン

 オピオイドペプチドの一種で,受容体と結合してモルヒネ作用を示す内因性のリガンド.YGGFM,YGGFLの2種類があり,前駆体ペプチドのペプチド結合切断により生成する.脳内に広く分布するほか,消化管,視床下部,副腎髄質にも存在する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エンケファリン【enkephalin】

アミノ酸五個で構成されるペプチドで、メチオニン-エンケファリンとロイシン-エンケファリンがある。脳内に広く分布し、消化管や副腎髄質にも存在。モルヒネ受容体と結合、中枢でモルヒネ様の麻酔・鎮痛作用を示すが依存性はない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンケファリンの関連キーワードヘロインエンドルフィンオピオイドペプチドモルヒネ中毒MSコンチン定圧モル比熱定積モル比熱定容モル比熱オピオイドメチオニンエンケファリン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンケファリンの関連情報