コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジュ Sophora japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンジュ
Sophora japonica

マメ科の落葉高木で,中国原産。漢名街路樹や庭木として広く用いられている。幹は直立し,高さ 15~25m,枝は広がって丸い樹形をつくる。葉はフジに似た奇数羽状複葉で長さ 15~25cm,互生する。夏の終り頃,枝先に大きい円錐花序を生じ,多数の淡黄白色の蝶形花をつける。豆果は長さ 2.5~5cm,中に数個の種子を含み,種子と種子の間はくびれる。材は辺材が淡黄色で,心材暗褐色,やや堅い。建築材として床柱,床かまちに賞用され,家具材,寄せ木細工,傘の柄,彫刻材などにも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンジュ
えんじゅ / 槐
[学]Sophora japonica L.

マメ科の落葉高木。高さ10~20メートルになり、樹皮は暗灰色で、小枝は緑色。葉は奇数羽状複葉で互生し、長さ15~25センチメートル、小葉は9~15枚あり、卵形ないし卵状長楕円(ちょうだえん)形で、裏面は緑白色で短毛がある。7~8月、淡黄白色、長さ1~1.5センチメートルの蝶形花(ちょうけいか)が大きな複総状花序に多数ついて開く。果実は数珠(じゅず)状にくびれ、長さ5~8センチメートルで垂れ下がり、肉の厚い莢(さや)で粘液があり、1~4個の種子がある。種名にjaponica(日本)という意味の名がつけられているが、中国原産で古い時代に渡来した。エンジュは古名エニス(恵爾須)から変わったもので、いまのイヌエンジュのことである。北海道から九州まで街路樹や庭木として広く植栽され、適湿地を好み、繁殖は実生(みしょう)または根挿しによる。材は床柱や器具などに用いる。[小林義雄]

薬用

漢方では、エンジュのつぼみを槐花(かいか)と称し、ルチンを多量に含有しているので、脆弱(ぜいじゃく)となった毛細血管を回復する効があり、動脈硬化症、高血圧症の治療に用いる。中国では、つぼみの大きさと形が米粒に似ているので槐米(かいべい)と称している。槐花とは、元来はつぼみでなく開いた花をさしたものである。このため花も、昔からあらゆる種類の出血、腫(は)れ物の治療に用いている。果実を槐実(かいじつ)、槐角(かいかく)と称し、痔(じ)をはじめ、他の諸出血の治療に用いる。枝や葉も薬用に供することがある。[長沢元夫]

文化史

中国では紀元前2世紀の『爾雅(じが)』に槐(かい)の名があがる。小葉は夜閉じるので、木に塊があるとみられ、槐の名がついた。古代より莢(さや)(槐実)は漢方の薬にされ、『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』(500ころ)には痔ややけどに効くとある。また若いつぼみを乾燥させた槐花は漢方の止血剤で、中国では紙や布を染める黄色染料としても使われた。樹皮や莢は栗色の染料になる。日本にはすでに上代に伝わり、『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』(713ころ)に産物として名があがる。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エンジュの関連キーワードヘビノボラズ(蛇登らず)エンジュ(槐)ウラギンシジミフジキ(藤木)薔薇アカシアニセアカシアミヤマトベライヌエンジュ犬アカシアラムノース南柯太守伝贋アカシア特用樹種マメ科ルチンフジキ犬藍槐恵邇須恵爾須晋祠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンジュの関連情報