コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウル Oulu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウル
Oulu

フィンランド中部,オウル県の県都。ボスニア湾に注ぐオウル川の河口に位置する。中世から交易の中心として繁栄し,1610年には都市として勅許された。 1822年に大火にあい一時廃虚と化したが,商港の機能を発揮して木タールの輸出を専有した。 19世紀の後半にいたって,再びフィンランド有数の商業中心地となった。クリミア戦争,第2次世界大戦で港湾機能は麻痺状態となったが,これがかえって港湾施設を近代化する契機ともなった。現在産業活動は活発で,木材・セルロース加工,造船,製粉,漁業,皮革加工などが盛ん。市を流れる急流は水力発電用として利用され,県都オウルを中心とする工業の絶好の立地条件となっている。フィンランド北・中部地帯の一大交通中心地。 1959年に創設された世界最北の総合大学がある。人口 10万 2032 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オウル

フィンランド北西部ボスニア湾奥部にある港湾都市。オウル川河口にあり,北部フィンランドの交通の要地で,木材の集散・加工が行われ,1930年代からパルプ生産が始まり,近年は日本への輸出もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オウル【Oulu】

フィンランド中央部,ボスニア湾に面しオウル川の河口に位置する港湾・文教都市。人口9万8582(1987)。町の開基は1605年。1822年大火の洗礼を受けた。古くから製材業が盛んで,1930年代からはパルプの生産を始め,近年は日本にも輸出している。木造船建造に必要なタールは,この地方の重要な製品で,19世紀初頭はその輸出港として大いに栄えた。1959年国立大学が創立された。【荻島 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウル
おうる
Oulu

フィンランド北部の都市。第二次世界大戦後、国内最大の電源地帯となったオウル川が、ボスニア湾に注ぐ河口に発達した北部ポヒャンマーの中心都市。人口12万3274(2001)。古くからタールの輸出などで重要な港市であり、スウェーデン語ではウレオボルイUleborgとよばれる。周辺の農林業に基づく製材、製紙、食品などのほかに、電力依存度の大きい金属、化学工業の発達によって、戦後、人口は倍増した。行政、商業の中心であり、北部唯一の総合大学もある。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オウルの関連キーワードマルティ アハティサーリV.A. コスケンニエミエレラ・イ・レイシッグ鳥人戦隊ジェットマンマッティ ハウタマキイスティクラール通りグレッティルのサガオウルンサロ音楽祭キョルオウル物語ナイトオウル二世ハイルオト[島]ヤン セレリヤートレス=ガルシアうんすんかるた産業クラスタージェルラッシュユングリング家アハティサーリゲルミヤン侯国コスケンニエミ

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オウルの関連情報