コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキボ オキボ Okigbo, Christopher

2件 の用語解説(オキボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキボ
オキボ
Okigbo, Christopher

[生]1932.8.16. イギリス保護領ナイジェリア,オジョト
[没]1967.8. ナイジェリア,ンスッカ
ナイジェリアの詩人。イボ族出身。1956年イバダン大学卒業後,大学図書館や政府の情報局などで働き,雑誌『トランジション』の編集にも携わった。大学時代に学んだギリシア,ラテンの古典詩(→ギリシア文学ラテン文学)から,エズラ・パウンド,トマス・スターンズ・エリオットらの現代イギリス詩にいたるまでの西欧の詩に造詣が深く,同時にナイジェリアのイボ族の民間伝承にも詳しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキボ
おきぼ
Christopher Okigbo
(1932―1967)

ナイジェリアの詩人。イボ人。カトリック教徒。兄2人は著名な学者。イバダン大学古典科卒業。ケンブリッジ大学出版局西アフリカ代表となり、『トランジション』の編集など文化出版事業に従事する。ナイジェリア内戦でビアフラ軍に投じ、1967年8月東部戦線で作戦中戦死(少佐)。アチェベ児童図書出版社の設立を企画中だった。58年「自己検証せよ」との啓示を受け、詩人として開眼したと告白している。詩集に、世界のあらゆる宗教の教義を統合した普遍宗教の創造という雄渾(ゆうこん)な企図のもとに、救済とか生き神としての復活といった宗教の根元的命題を追究した『天国の門』(1963)、信仰を超絶した「絶対究極の英知」の探究をテーマとした『限界』(1964)のほか、『静寂』『雷の道の迷い路』があり、気宇の壮大さで群を抜く逸材であった。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキボの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス下見サケ・マス保護水面イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オキボの関連情報