オシダ(雄羊歯)(読み)オシダ(英語表記)Dryopteris crassirhizoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシダ(雄羊歯)
オシダ
Dryopteris crassirhizoma

オシダ科の夏緑性の大型シダ植物。北海道,本州,四国の温帯林の湿った林床に生え,しばしば谷筋に大きな群落をつくる。朝鮮半島,中国北東部にも分布する。根茎は太く直立し,多数の葉を輪状に叢生する。葉は長さ 1.5m,幅 25cmで,2回羽状に深裂する。葉柄は太く長さ 20cmほどで,葉軸とともに密に褐色鱗片におおわれる。羽片は幅 2cmぐらいで全裂し,葉脈の表面は溝状になっている。胞子嚢群は上部羽片にまとまってつき,裂片の中肋寄りに2列に並ぶ。包膜は円腎形。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android