コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシダ

3件 の用語解説(オシダの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オシダ

オシダ科の夏緑性シダ。北海道〜四国の山地帯〜亜高山帯に分布し,林の中にはえる。太い株状の地下茎の上端に,長さ60〜130cm,倒披針形の葉が漏斗(ろうと)状に集まってつく。
→関連項目シダ(羊歯)植物ミヤマメシダ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オシダ【Dryopteris crassirhizoma Nakai】

オシダ科の常緑多年生シダ植物であるが,寒い地方では夏緑性となる(イラスト)。温帯の林下に,しばしば群落をつくる。根茎は太くて直立し,多数の葉を漏斗状につける。葉は長さ0.8~1.5m,2回羽状中~深裂,下部の羽片は短くなり,やや逆行する。葉柄は葉面の長さの1/4から1/5,中軸とともに大型の鱗片を密生する。側脈は通常二叉(にさ)し,上側の脈上に大型の胞子囊群をつける。包膜は円腎形で,若い葉ではこうもり傘のように胞子囊群をおおう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オシダ
おしだ / 雄羊歯
Japanese male fern
[学]Dryopteris crassirhizoma Nakai

オシダ科の夏緑性シダ。メンマ(綿馬)ともいう。根茎は太く直立しており、黄緑色で長さ150センチメートルに達する大形の2回羽状複葉を杯状に束生する。葉柄と羽軸上には明褐色のつやのある鱗片(りんぺん)が密生する。羽片は線形で先がとがり、裂片は長楕円(ちょうだえん)形で先端はやや丸い。円腎(えんじん)形の包膜をつけた胞子嚢(ほうしのう)群が裂片の中脈の両側に並ぶ。
 アジアの温帯の山地、林下に生じ、日本では北海道、本州、四国の落葉樹林内に分布し、ブナ帯の代表的なシダの一つである。オシダ類は南アメリカのコロンビア、北アメリカ、南アフリカなど世界各地の原地人により虫下しの薬として利用されてきたが、ヨーロッパにおけるセイヨウオシダの利用がとくに有名で、根茎を条虫(じょうちゅう)(サナダムシ)駆除に用いていた。日本でもオシダの根茎を綿馬根(めんまこん)とよび、生薬(しょうやく)としている。その有効成分はアスピジノール、アスピジン、アルバアスピジンなどである。これらの物質を含むオシダの煎剤(せんざい)には呼吸中枢興奮作用や子宮収縮作用がある。『神農本草』『政和本草』『本草綱目』などの中国の古代本草書にある貫衆(かんしゅう)が何であるかについては諸説があり、清(しん)代の『植物名実考』ではオニヤブソテツだとし、日本の『本草綱目啓蒙(けいもう)』はヤマソテツをこれにあてているが、今日、中国の東北地区ではオシダを貫衆とよんでいる。英名も和名も、このシダの雄大な草姿に由来するものである。またアイヌの人々はカムイ・ソルマ、つまり「神のシダ」と名づけ、陰干ししたものを腹痛止めに煎用した。「カムイ」とは熊(くま)のことでもあるので、訳せば「クマシダ」ということになる。褐色の鱗片に覆われた芽立ちの姿からの連想らしい。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オシダの関連キーワード雉の尾羊歯玉羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯紅羊歯両面羊歯鬼藪蘇鉄立忍蔓連朶藪蘇鉄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オシダの関連情報