コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オストラキスモス

3件 の用語解説(オストラキスモスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オストラキスモス

陶片追放〉と訳。古代ギリシアで,国家に害ありとする者の名を年に1度全市民が陶器の破片(オストラコン)に記入し,秘密投票してその者を国外に追放する制度。前508年アテナイで初めてクレイステネス僭主出現の防止策として制定したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オストラキスモス【ostrakismos[ギリシア]】

僭主となるおそれのある人物,有力すぎて国家に害を及ぼす危険のある人物を市民の投票に基づいて10年間国外に追放する制度で,前5世紀のアテナイで施行された。市民権剝奪と財産没収はともなわなかった。投票に際して陶器の破片(オストラコン)が用いられたところから〈陶片追放〉の名がある(〈貝殻追放〉は誤り)。前508年にクレイステネスにより創設されたとの伝えがあるが,はじめて実際に施行されたのは前488年,ペイシストラトスの親族ヒッパルコスに対してである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オストラキスモス
おすとらきすもす
ostrakismosギリシア語

紀元前5世紀、民主政下のアテナイ(アテネ)に設けられていた、僭主(せんしゅ)となる恐れのある人物を市民の投票に基づいて国外に追放する制度。陶片追放と訳される。投票に際して陶片(オストラコンostrakon)が用いられたところから、この名がある(「貝殻追放」という邦訳は誤りである)。
 前508年にクレイステネスの改革の一環として制定されたとの伝えがあるが、実際に初めて適用されたのは、前488年、かつての僭主ペイシストラトスの親族であったヒッパルコスに対してである。毎年1回、民会においてオストラキスモス実施の可否を問う採決が行われ、これが可決されると、各市民は追放さるべき人物の名を陶片に刻んで投票に付した。投票は部族ごとに行われ、秘密投票であった。投票の結果が効力を発するのは、投票総数が6000を超えた場合とも、1人の得票数が6000を超えたときとも伝えられており、この点についてはまだ定説がない。国外への追放は10年間であったが、それによって市民権が剥奪(はくだつ)されたり、財産が没収されたりすることはなかった。前5世紀のアテナイでは、約20回のオストラキスモス実施の例が知られており、キモンやトゥキディデス(同名の歴史家とは別人)などの寡頭派の有力政治家が追放されている。のちには、政争に際して反対派の政治家を追放するための手段として利用されることが多くなり、前418年にヒペルボロスに対して適用されたのを最後として、その機能を停止した。現在ケラミコス地区を中心に1万枚を超える投票に用いられた陶片が出土しており、そこにはペリクレスなどの著名な政治家の名が数多く刻まれている。現在のところこれらの陶片のなかで公表されているのは半数にすぎない。同様の制度が、アルゴス、メガラ、ミレトス、シラクサなどのポリスにも存在していたことが知られている。シラクサの場合、投票に際してオリーブの葉(ペタラ)が用いられたことからペタリスモス(葉片追放)とよばれていた。
 民主政ポリスにみいだされるこうした制度は、たとえば前5、4世紀のアテナイでは役人の大部分が抽選によって選出された市民からなり、しかもその任期が1年であったという事実とともに、徹底した政治的平等を目ざす動きの顕著な現れであったといえる。オストラキスモスは、古代ギリシアの民主政に固有の制度であり、近代の民主政治とは直接の関連をもたない。なお、英語読みでオストラシズムとよばれることもある。[前沢伸行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオストラキスモスの言及

【アテネ】より

…独特の工夫をこらし,地縁的原理に立脚したこの十部族制は,アテナイ市民団の抜本的な編成替えによって在来の貴族支配の基盤を掘り崩す役割を果たしただけでなく,こののち古典期を通じて軍隊の編成や役人同僚団の選出にさいし,基本的単位として用いられて,国制の骨格を形づくることになる。僭主となるおそれのある有力者を市民たちの投票によって10年間の国外追放に処した陶片追放(オストラキスモス)の制度も,クレイステネスの創案によると伝えられる。
[ポリス民主政の確立]
 前7世紀から前6世紀にかけ政治・経済・軍事の諸分野でスパルタ,コリントス,アイギナなどの諸ポリスにむしろおくれをとっていたアテナイを,前5世紀前半にギリシア第一の地位にまで押し上げたきっかけは,ペルシア戦争での勝利である。…

※「オストラキスモス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オストラキスモスの関連キーワード恐る恐る理過ぎて然る者有力者領袖おおけな・し差止め請求権其れのみ福過ぎて禍生ず延焼の恐れのある範囲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone