コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタテドリ オタテドリ Rhinocryptidae; tapaculos

2件 の用語解説(オタテドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オタテドリ
オタテドリ
Rhinocryptidae; tapaculos

スズメ目オタテドリ科の鳥の総称。56種からなる。全長 10~24cm。羽色は地味で,非常に人目につきにくい。地上性で,体のわりには短く飛翔力が弱い。脚は長めでしっかりしている。興奮すると尾羽をぴんと立てることからオタテドリといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オタテドリ
おたてどり / 尾立鳥
tapaculo

鳥綱スズメ目オタテドリ科に属する鳥の総称。同科Rhinocryptidaeの鳥は、全長11~25.5センチメートルと小形で、丸々とした体つきをしており、足は体のわりに長く頑丈で、ミソサザイのように尾を立てる特徴がある。全体に黒や褐色のじみな羽色をしている。南アメリカに分布し、約30種いる。降雨林、低木林、草原などの地上にすみ、昆虫やクモをとって食べる。飛ぶことはほとんどない。森林にすむものは普通は単独性で、低木林や草原のものは、繁殖期以外には群れになる。地上に営巣するものが多いが、樹洞や崖(がけ)の穴などに巣をつくるものもいる。白い卵を2~4個産み、雌雄が共同で抱卵と育雛(いくすう)を行う。大きくて単調な声で鳴く。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オタテドリの関連キーワード鳴禽類花鳥猿子知目鳥庭師鳥烏帽子鳥木の葉鳥ムクドリ(椋鳥)オタテドリ(尾立鳥)ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone