コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタリア オタリアOtaria byronia; South American sea lion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オタリア
Otaria byronia; South American sea lion

食肉目鰭脚亜目アシカ科オタリア属。雄は体長約 2.8m,体重約 350kg,雌は体長約 2.2m,体重約 144kgに達する。出生直後の幼獣は体長 78~85cm,体重 11~15kgである。毛色は黄色がかった橙色。成獣の雄は成長するに従い毛色が濃くなり茶色がかった橙色を呈し,後頭部や胸部に生えるたてがみ状の長い毛はやや淡い色をしている。出生時は上毛が黒色,下毛が灰色がかった橙色である。性的成熟に達した雄は,頭部から肩部までが太く,がんじょうである。吻部は幅広く,やや上方にそり返っており,鼻口部が長い。門歯は上顎6本,下顎4本,犬歯は上顎と下顎に2本ずつ,頬歯は上顎 12本,下顎 10本である。繁殖期は生息場所によって異なり,早いもので9月,遅いもので3月である。繁殖場は特定され,継続して利用される。雄は繁殖場から広範囲に回遊すると推測される。洋上では単独あるいは群れをなして漂う。食性範囲は広く,おもに表層性および底生性魚類やイセエビ類,スルメイカ類,タコ類やクラゲ類などの無脊椎動物を捕食する。フォークランド諸島および南アメリカ大陸南端から西側ではペルー北部まで,東側ではブラジル南部までの沿岸に分布する。沿岸性で,海上では大陸棚やその斜面に出現する。また淡水域や氷河に迷入することがある。野生のカリフォルニアアシカの輸出入が禁じられたため,その代替で飼育調教されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オタリア(otaria)

アシカ科の哺乳類。南アメリカ近海に分布。頭胴長2メートルほど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オタリア【otaria】

鰭脚(ききやく)目アシカ科の哺乳類(イラスト)。1属1種。吻(ふん)端が押しつぶされたようになり,他のアシカ科のものと異なる。雄は体長2.6m,体重400kg,雌2m,200kgに達する。体色茶褐色からオレンジ色,ときに金色を呈する。南アメリカの太平洋,大西洋の両岸に分布し,太平洋岸はペルー中部以南,大西洋岸はウルグアイ以南に分布する。一年中沿岸域に生息し,沖合への回遊はない。繁殖期は12~1月で,授乳期間は6ヵ月~1年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オタリア【Otaria】

アシカ科の哺乳類。雄は体重500キログラムに達する。吻は幅が広い。南アメリカ中部以南の太平洋岸・大西洋岸に分布。パタゴニアアシカ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オタリア
おたりあ
South American sea lion
[学]Otaria flavescens

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アシカ科の海産動物。別名パタゴニアアシカ。南アメリカのペルーから南回りにブラジルの沿岸までに分布する。体形、大きさともアシカとトドの中間形で、雄は体長2.5メートル、体重500キログラム以上になり、雌は体長2メートル以下である。体色は褐色で、吻(ふん)部は幅広く、雄は成長すると後頭部と胸部にたてがみ状の毛が生える。アシカに比べると攻撃性が強いが、飼育すると人になれ、芸も覚える。わが国での飼育は1973年(昭和48)からで、子も生まれた。[鳥羽山照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オタリアの関連キーワードパタゴニアアシカバジェスタス島バルデス半島パロミノ島海驢・葦鹿

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オタリアの関連情報