コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オットーサイクル Otto cycle

2件 の用語解説(オットーサイクルの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

オットーサイクル【Otto cycle】

通常のガソリンエンジンの動作の最も理想化したモデル.図のように六つのステップからなる.1:燃料および空気の注入,2:断熱圧縮,3:等積燃焼,4:断熱膨張,5:等積冷却,6:廃ガス放出である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オットーサイクル
おっとーさいくる
Otto cycle

ガソリン機関の熱効率や出力を考えるときの基本となるサイクル。等容サイクルともいう。ドイツオットーの製作した4サイクル式のガス機関がこのサイクルを実現したので、一般にこの名が使用されている。はこのサイクルの圧力pと比容積vとの関係を表したもので、断熱圧縮(1→2)、等温加熱(2→3)、断熱膨張(3→4)、等温冷却(4→1)のサイクルを繰り返す。ガソリン機関、軽油機関などの火花点火機関およびディーゼル機関などで実現している。実際には空気と燃料の混合ガスは2→3で燃焼し、この間で熱量Q1が外部から供給され、4→1の間で熱量Q2が大気中に放出される。このサイクルでは圧縮比が大きいほど熱効率はよくなる。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オットーサイクルの関連キーワードガソリン機関アトキンソンサイクルインジェクションエンジンオイルガソリンエンジン石油ベンジン無鉛ガソリンガソリン車ホワイトガソリンリーンバーンエンジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オットーサイクルの関連情報