コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドリコソウ

3件 の用語解説(オドリコソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オドリコソウ

北海道〜九州,東アジアの林下にはえるシソ科の多年草。茎は方形で,高さ30〜60cm,節にあらい毛がある。葉は対生し,卵形で先がとがり,葉面にしわがある。4〜6月,葉腋に白〜淡紫色で長さ3〜3.5cmの唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オドリコソウ【Lamium album L.var.barbatum (Sieb.et Zucc.) Fr.et Sav.】

山野のやぶ陰や林下に群生するシソ科の多年草(イラスト)。和名は踊子草の意味で,花の姿を笠をきて踊る踊子の姿に見立てたもの。茎は四角形で高さ30~50cm,地下茎を伸ばしてふえるので多くは群生する。葉は対生し,卵状心形であらい鋸歯があり,1~5cmの葉柄がある。4~6月頃,葉のつけ根に数個ずつ,白または淡紅色を帯びた花をつける。萼は5裂して裂片の先は針状にとがる。花冠は3~3.5cm,立ちあがって先は大きく2唇に分かれ,上唇はフード状になってふちにあらい毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オドリコソウ
おどりこそう / 踊子草
[学]Lamium album L. var. barbatum (Sieb. et Zucc.) Fr. et Sav.

シソ科の多年草。茎は方形で直立し高さ30~60センチメートル、基部から細い走出枝を出す。葉は対生し、広卵形で長さ5~10センチメートル、粗い鋸歯(きょし)があって先は長くとがり、基部は円心形。4月(山地では6月)ごろ葉腋(ようえき)に白色または淡紅色を帯びた花をつける。萼(がく)は5裂し、裂片は針状。花冠の筒部は上向き、基部はくびれ、内側には輪状に毛がある。上唇は冑(かぶと)形で縁に毛があり、下唇は前に突き出して広がり、小さい刺(とげ)状の側裂片がある。和名は、この花の姿を、笠(かさ)をかぶった踊り子に見立てたもの。これは春の草で、初夏には地上部が枯れてくる。俳諧(はいかい)で夏の季語としているのはふさわしくない。山野の道端ややぶ陰に群生し、日本、朝鮮、中国、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。オドリコソウ属は世界に約40種あり、ユーラシア、アフリカに分布する。同属のマネキグサL. ambiguum (Makino) Ohwiは深山に生える。また帰化植物としてヒメオドリコソウL. purpureum L.がある。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オドリコソウの関連キーワード踊子草塔花菜切菅糠星草舞鶴草水玉草車花射干鈴香薷味噌川草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オドリコソウの関連情報