コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オドリコソウ

百科事典マイペディアの解説

オドリコソウ

北海道〜九州,東アジア林下にはえるシソ科多年草。茎は方形で,高さ30〜60cm,節にあらい毛がある。葉は対生し,卵形で先がとがり,葉面にしわがある。4〜6月,葉腋に白〜淡紫色で長さ3〜3.5cmの唇形(しんけい)花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オドリコソウ【Lamium album L.var.barbatum (Sieb.et Zucc.) Fr.et Sav.】

山野のやぶ陰や林下に群生するシソ科の多年草(イラスト)。和名踊子草の意味で,花の姿を笠をきて踊る踊子の姿に見立てたもの。茎は四角形で高さ30~50cm,地下茎を伸ばしてふえるので多くは群生する。葉は対生し,卵状心形であらい鋸歯があり,1~5cmの葉柄がある。4~6月頃,葉のつけ根に数個ずつ,白または淡紅色を帯びた花をつける。は5裂して裂片の先は針状にとがる。花冠は3~3.5cm,立ちあがって先は大きく2唇に分かれ,上唇はフード状になってふちにあらい毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オドリコソウ
おどりこそう / 踊子草
[学]Lamium album L. var. barbatum (Sieb. et Zucc.) Fr. et Sav.

シソ科の多年草。茎は方形で直立し高さ30~60センチメートル、基部から細い走出枝を出す。葉は対生し、広卵形で長さ5~10センチメートル、粗い鋸歯(きょし)があって先は長くとがり、基部は円心形。4月(山地では6月)ごろ葉腋(ようえき)に白色または淡紅色を帯びた花をつける。萼(がく)は5裂し、裂片は針状。花冠の筒部は上向き、基部はくびれ、内側には輪状に毛がある。上唇は冑(かぶと)形で縁に毛があり、下唇は前に突き出して広がり、小さい刺(とげ)状の側裂片がある。和名は、この花の姿を、笠(かさ)をかぶった踊り子に見立てたもの。これは春の草で、初夏には地上部が枯れてくる。俳諧(はいかい)で夏の季語としているのはふさわしくない。山野の道端ややぶ陰に群生し、日本、朝鮮、中国、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。オドリコソウ属は世界に約40種あり、ユーラシア、アフリカに分布する。同属のマネキグサL. ambiguum (Makino) Ohwiは深山に生える。また帰化植物としてヒメオドリコソウL. purpureum L.がある。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オドリコソウの関連キーワードヒメオドリコソウヒトリガ虚無僧花虚無僧草二長雄蕊不整正花虚無草花思矢柄鬼矢柄村田山野躍草続断山薊踊草踊花

オドリコソウの関連情報