コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニバス

3件 の用語解説(オニバスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オニバス

スイレン科の一年生水草。本州〜九州,中国〜インドの沼や池にはえる。浮葉はまるく,楯(たて)状につき,ときには径2mに達することもあり,しわととげが顕著。8〜10月開花。
→関連項目氷見[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オニバス【prickly water‐lily】

池や城の堀などで巨大な葉を広げ,水面をおおうスイレン科の一年生水草(イラスト)。ミズブキとも言う。日本全国,沿海州,中国,インドなど東アジアに分布するが,アメリカにも帰化している。 根茎は短い円筒状で,葉をらせん状につける。葉形は生長とともに変化し,第1葉は針状,幼葉はほこ形の葉身をもち,成葉では円形の葉身をもった楯状葉となり,直径は2m以上にも達する。葉柄,葉身の脈上にはとげが多い。花は長い花柄上に単生し,径約3cm,萼片は4枚で緑色,花弁は多数で紫色,おしべは多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニバス
おにばす / 鬼蓮
[学]Euryale ferox Salisb.

スイレン科の一年生の水草で、池や沼に生育する。和名は、形がハスに似ており、刺(とげ)が多いことによる。またミズブキともよばれる。地中に円筒形の短い根茎をもち、多数の葉を出す。葉は刺の多い長い葉柄に盾状につき、水面に浮かぶ。葉身は円形で径20センチメートルから3メートルにも達し、しわが多く、葉脈上には刺が生える。下面は紫色を帯びる。花期は8~10月、正常花と閉鎖花の2種の花がある。花は刺の多い長い花柄上に1個頂生し、径約4センチメートル。萼(がく)片は4枚で緑色、花弁は多数、紫色で螺旋(らせん)状につく。雄しべは多数ある。子房は下位で8室に分かれ、各室の内壁に多数の胚珠(はいしゅ)をつける。種子は球形で、仮種皮をかぶる。種子の胚乳はデンプンに富み、食用とされる。また、中国では種子を(けんじつ)と称し、強壮剤としても利用する。1属1種で、本州、九州、ロシア連邦の沿海州、中国、インドに分布する。日本では最近、池の汚染などで急速に減っている。[伊藤元巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニバスの関連情報