オバシギ(英語表記)Calidris tenuirostris; great knot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オバシギ
Calidris tenuirostris; great knot

チドリ目シギ科。全長 26~28cm。夏羽(→羽衣)は頭部と頸は各羽の羽軸部が黒褐色で,白地との細かいまだら模様をつくり,頭頂は黒みが強い。肩は縁の白い栗色の羽毛が帯状に配置している。は各羽が縁の白い黒褐色で,閉じたときにうろこ状の模様になる。胸は白地に大きな黒斑があり,腹は白く,脇に黒斑がある。上尾筒も白い。冬羽は全体が灰色がかり,肩に栗色の羽毛もなく,胸の黒斑も小さい。脇の黒斑も淡く少ない。ロシア北東部のコルイマ川から北東端のチュクチ半島までの地域と,南はオホーツク海北部沿岸までで繁殖する。繁殖後はアラビア半島東部からインドマレー半島フィリピンインドネシアニューギニア島オーストラリアのおもに沿岸に渡る。ツンドラの地面のくぼみに巣をつくり,繁殖期には漿果(→液果)や昆虫を食べる。冬季は沿岸の干潟や砂浜,泥浜,河口などに生息し,貝類や甲殻類などの無脊椎動物を食べる。日本には春秋の渡りの途中に立ち寄り,干潟,河口,草原などで見られる。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android