コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブローモフ オブローモフOblomov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オブローモフ
Oblomov

ロシアの作家 I.ゴンチャロフの小説。 1859年発表。長編小説『平凡物語』と『断崖』を前後にして3部作の形をとる。主人公オブローモフは大学で教育を受け,教養も才能もあるにもかかわらず,食べることと寝ること以外は何もしない怠惰な生活をおくっている。美しい娘オリガとの恋もついに彼を立上がらせなかった。農奴制廃止 (1861) の前夜に発表されたこの小説を「農奴制に起因するロシアの精神的麻痺に対する,無意識的な,だがきわめて力強い抗議である」と批評家 N.ドブロリューボフが論じたように,オブローモフの姿には,ロシア農奴制下の寄生的生活の所産である才能ある「余計者」の典型を感じ取ることができる。この小説が発表されるや,進歩的陣営から熱烈な賛辞をもって迎えられたのも,この「オブローモフ気質 (かたぎ) 」を通して,ゴンチャロフが当時の醜悪な現実をえぐり出していたからである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オブローモフ(Oblomov)

ゴンチャロフの長編小説。1859年刊。地主で余計者的知識人のオブローモフが、才能をもちながら無気力・無為の生活を送るさまを描いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オブローモフ

ゴンチャロフの長編小説。1859年刊。地主貴族の生活に絶望しながら抜け出す決断力もなく,無気力で怠惰な生活を送るしか能のないオブローモフを描く。その主人公の性格はドブロリューボフによって,ロシアの〈余計者〉の一典型として分析され,オブローモフといえば改革の気力を失った無為の生活をする者のことをさすようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オブローモフ【Oblomov】

ロシアの小説家ゴンチャロフの長編小説。1859年刊。ペテルブルグに住む32~33歳の独身貴族オブローモフは,人並みはずれた善良さと高度の知性を有するにもかかわらず,家父長制の残るボルガ河畔の領地で農奴にかしずかれ,甘やかされて育ったために,何一つ自分でできぬ怠け者となってしまった。彼は活動的なブルジョアシュトルツの友情にも,進歩的な娘オリガの愛にもこたええず,献身的な寡婦アガーフィヤの下で静かに生を終える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オブローモフ【Oblomov】

ロシアの作家ゴンチャロフの長編小説。1859年発表。貴族青年の主人公オブローモフの、才能はあるが無気力で怠惰な余計者の生活を、進歩的な娘オリガとの恋愛を通して描く。以後、オブローモフの名は怠け者の代名詞となった。 「 -主義」 「 -気質」 → 余計者

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブローモフ
おぶろーもふ
Обломов Oblomov 

ロシアの作家ゴンチャロフの長編小説。1859年発表。主人公オブローモフは人並みはずれた善良さと高度の知性を有するにもかかわらず、僻遠(へきえん)の地の家父長制下で農奴にかしずかれて育ったために、なに一つ自分でできぬ怠け者になってしまった。彼は活動的なブルジョア、シュトルツの友情にも、進歩的な娘オリガの愛にもこたえ得ず、献身的な寡婦アガーフィヤのもとで静かに生を終える。ドブロリューボフは論文『オブローモフ気質とは何か』(1859)のなかで作品の農奴制批判の意義を説き、またオブローモフを、オネーギン、『現代の英雄』のペチョーリン、ルージンら19世紀前半のロシア文学に登場する「余計者(よけいもの)」とよばれる主人公たちの系譜に加えた。爾来(じらい)「オブローモフシチナ(オブローモフ気質)」という語はロシア人にとり無為徒食の代名詞となるが、オブローモフはより広い意味で全人類的タイプに属する点に小説の永遠の価値が存する。[澤田和彦]
『木村彰一・灰谷慶三訳『世界文学全集35 オブローモフ』(1983・講談社) ▽米川正夫訳『オブローモフ』全3冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオブローモフの言及

【ゴンチャロフ】より

…56年文部省の検閲官に就任し,62年に内務省の機関紙《北方の郵便》の編集長,65年には出版事務総局局員となり,67年に四等官の位で退官した。この間1859年に小説《オブローモフ》を発表。農奴制批判の意義を指摘されて,作者の名を一躍高からしめる代表作となった。…

※「オブローモフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オブローモフの関連情報