コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモダカ(面高) オモダカSagittaria trifolia; arrowhead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オモダカ(面高)
オモダカ
Sagittaria trifolia; arrowhead

オモダカ科の多年草。小川や水田,湿地に生える。東アジアからイラン,カフカス地方まで広範囲にわたって分布し,日本各地に普通にみられる。根茎は短く密にひげ根を出し,秋に白色の地下枝を伸ばし,頂端に小球茎をつける。葉には長さ 30~60cmの長い葉柄があり,葉身は鏃 (やじり) 形で,生えぎわから数個または十数個集って出る。夏から秋にかけて,高さ 40~70cmの花茎を出し,白色の花を何段にも輪生する。雌雄異花で,花茎の下部には雌花,上部には多数雄花がつく。萼片状の外花被3枚,内花被も3枚で花弁状をなし,おしべ (雄花) ,めしべ (雌花) はともに多数ある。花後,頭状に多数の痩果が集って生じる。面高の名は,人の顔のような葉身が長い葉柄の上に高くみえることによる。各地で食用に栽培されているクワイ (慈姑) は,本種の変種とされ,中国原産である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オモダカ(面高)の関連キーワードクワイ(慈姑)オモダカ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android