コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラショ オラショ 〈ラテン〉oratio

4件 の用語解説(オラショの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オラショ(〈ラテン〉oratio)

キリシタン用語で、祈祷(きとう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オラショ

隠れキリシタンの行事で唱えられる祈りの言葉。ラテン語の「oratio」(祈り)が語源とされる。禁教時代に宣教師との接触を断たれ、口承されていくうちに日本語ポルトガル語が交ざって意味不明になった。行事では信者が暗唱する地区もあれば、文書を読み上げる地区もある。

(2008-02-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オラショ【oratio】

祈りを意味するラテン語に由来するキリシタン用語。隠れキリシタンが伝承したキリシタン時代からの祈り文と教義や掟を言うが,口から耳に伝えたので訛伝が多い。隠れキリシタンは長崎県の外海(そとめ)・五島系と生月(いきつき)・平戸系に分かれ,オラショにも異同がある。前者は黙誦し後者は斉誦して歌オラショを伝えた。今日役職者以外はほとんどオラショを知らず,オラショの忘却にともない隠れキリシタンの土俗化が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オラショ【oratio】

〔キリシタン用語〕
祈禱。祈り。 「善事と-に怠る事なかれ/こんてむつすむん地」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オラショの関連キーワードギリシア召命直観唯物論ロゴス思弁エシェリヒアコリショパン:即興曲第1番 変イ長調/piano soloショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano soloヘルニキ族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オラショの関連情報