コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御主 オシュウ

デジタル大辞泉の解説

お‐しゅう【主】

ご主人。ご主君。
「―のためをわきまへよ」〈浄・手習鑑

お‐ぬし【御主】

[代]二人称の人代名詞。おまえ。そなた。室町以降用いられ、同輩以下に対する語。古くは男女に用いた。
「日頃―が兎や角と、異見がましく悋気(りんき)をするも」〈伎・小袖曽我

お‐のし【主】

[代]《「おぬし」の音変化》二人称の人代名詞。男女ともに用いたが、近世、特に町人の女性や遊女が使った。おまえ。そなた。
「これ番頭、―が呑(の)むものはなんだ」〈滑・浮世風呂・前〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おしゅう【御主】

ご主人。ご主君。 「よくよく-は怖こわいもの/浄瑠璃・鑓の権三

おぬし【御主】

( 代 )
二人称。対等もしくはそれに近い者に対する語。男女ともに用いた。おまえ。そなた。 「 -か様な者は叶ふまい/蒙求抄 7

おのし【御主】

( 代 )
〔「おぬし」の転〕
二人称。おまえ。対等もしくはそれに近い者に対する語。男女ともに用いたが、近世では女性に多く用いられた。そなた。 「 -の様な老ぼれで有うと思たれば/蒙求抄 4」 「助坊か、-も植木を買つたな/咄本・聞上手」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御主の関連キーワード力落とし・力落し大久保彦左衛門阿倍御主人辞宜・辞儀布勢御主人藤原仲麻呂八王子城跡阿倍嶋麻呂大伴御行安倍晴明人代名詞竹取物語藤原豊成石上麻呂阿倍広庭大城立裕岩崎卓爾森羅万象七戸城跡八王子城

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御主の関連情報