オルテガ・イ・ガセット(英語表記)Ortega y Gasset, José

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルテガ・イ・ガセット
Ortega y Gasset, José

[生]1883.5.9. マドリード
[没]1955.10.18. マドリード
スペインの思想家,哲学者。 20世紀におけるスペインの文芸復興の指導的人物。ドイツ留学後マドリード大学哲学教授に就任 (1910) 。スペイン内乱後はヨーロッパ各地,アルゼンチンに亡命,1945年帰国。哲学においては,生の哲学に立ち,個々人の生こそ究極の実在であり,その生を把握する理性は生のなかに位置づけられた理性,「生・理性」であるとした。この「生・理性」の立場から導かれたのが認識論としての遠近法主義である。すなわち,いかなる認識も一定の視点からの認識であり,絶対的真理はこれらのあらゆる視点を包括することによって到達される。この独自の生の哲学から現代の精神状況を批判し,現代ヨーロッパ思想に大きな影響を与えた。主著『現代の課題』 El tema de nuestro tiempo (23) ,『大衆の反逆』 La rebelión de las masas (30) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オルテガ・イ・ガセット

スペインの文化哲学者。マドリード大学教授。内乱時代は亡命生活を送った。人間論,現代世界論を展開,〈私は私と私の環境である〉との命題はユクスキュルの生物学的環境概念に並行するものであり,その遠近法主義はニーチェに連なる。主著《大衆の反逆》(1930年)は大衆社会論の古典。著作はほかに《ドン・キホーテをめぐる省察》(1914年),《体系としての歴史》(1943年)など。
→関連項目コラール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルテガ・イ・ガセットの関連情報