コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア・マルクス主義 オーストリアマルクスしゅぎ

2件 の用語解説(オーストリア・マルクス主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オーストリア・マルクス主義【オーストリアマルクスしゅぎ】

20世紀初頭に,M.アードラーバウアーヒルファディングなどを中心にオーストリアで形成されたマルクス主義の一派。民族の文化的自治の理論を展開した。第1次大戦後,共産主義社会民主主義との対立時に両者の調停に努めた。
→関連項目オーストリア・ハンガリー二重帝国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーストリア・マルクス主義
おーすとりあまるくすしゅぎ
Austro-marxismusドイツ語

20世紀初頭にオーストリアで形成されたマルクス主義の一潮流で、オーストリア社会民主党の主流となり、第二インターナショナルでも大きな影響を与えた。代表的理論家・指導者に、3人のアドラーフリードリヒマックス、ビクトル)、ヒルファーディングレンナーバウアーらがいる。哲学的にはマルクス主義の新カント主義的再解釈を試み、革命的実践における道徳的理想の問題や、カントの認識論によるマルクス主義の基礎づけの問題などを提起した。独占資本主義によって生まれた新しい経済現象や、当時のオーストリアの複雑な民族問題に取り組み、独自の経済理論、文化論、民族国家論を展開し、また基幹産業の「社会化」という注目すべき思想を生み出した。従来、正統派マルクス主義によって日和見(ひよりみ)主義として批判されてきたが、最近は西欧マルクス主義などから再評価されつつある。[池田光義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーストリア・マルクス主義の関連キーワード地形学ノームバウアーアースカラーイナバウアーバウアライテイゼーションノイゲバウアー効果ラムザウアー効果ガウアーエディー・バウアー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone