オープンスクール(英語表記)open school

大辞林 第三版の解説

オープンスクール【open school】

子供の能力や適性に応じて個別に教育計画を立て、開放された空間で自主的な学習を進める教育形態。また、そうした教育を行う学校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オープン‐スクール

〘名〙 (open school) 従来の画一的・固定的な教育内容・学級編成の枠をなくし、子供の能力・関心に応じた自由な教育を行なう学校。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

最新 心理学事典の解説

オープンスクール
オープンスクール
open school

1960年代後半から1970年代にかけて,公立学校を中心にアメリカ各地で展開された草の根の学校改革運動。オープンスペースopen spaceとよばれる開放的な空間,柔軟な時間割,個別や小集団など多様な学習集団,チーム・ティーチングの常態化,教科の枠を突破した総合学習などが比較的共通に見られる特徴である。なお,実践の内実とは無関係に開放的な空間の所有のみを指す語にオープンプランスクールopen plan schoolがある。1960年代のアメリカでは,教育の現代化に伴う教育内容の高度化などにより,落ちこぼれや学校嫌いが大きな問題となっていた。そんな折,1967年にイギリス政府が公表したプラウデン報告書により,子どもが環境との相互作用の中で学びを深めていくコーナー学習や,子どもの興味に即した主題のもとに教科を総合するトピック学習などのインフォーマル教育が,アメリカでも広く知られるところとなった。これが当時,そもそもは建築コストの削減要求から生まれた壁のない学校建築と結びつき,オープンスクールは活況を呈する。伝統的な学校との比較研究も行なわれ,学業成績では際立った差は認められなかったものの,学習の主体性や自尊心において優越性のあることが確認されている。

 1970年代後半に入ると保守派を中心に基礎へ帰れback to basics運動が展開されたためオープンスクールはしだいに衰退していくが,今日でもその系譜を引く実践は全米各地に多数存在する。1970年代後半には日本にも紹介され,愛知県東浦町立緒川小学校の試みなどを生み出すとともに,チーム・ティーチングのための教員加配制度や多目的スペースに関する国庫補助制度,学習指導要領における個に応じた指導や授業時間の弾力化の明記など,今日の日本の文教政策にも影響を与えている。

 オープンスクールとは,教育方法や学校経営から施設・設備に至るすべての側面において,従来のあり方にとらわれることなく開放的な態度で問い直し,必要があれば大胆な改革をも実行していこうとする教育実践上の立場を指す。したがって,固定的な定義は自己矛盾を生み,定義されたものはオープンスクールではなくなる。オープンスクールという特定の制度や方法があるのではなく,あらゆる可能性に対しつねに門戸を開いておく態度,自己批判と絶えざる改革への意思こそがオープンスクール最大の特徴である。もっとも,これは表面的な姿や形にとらわれないという意味であって,従来のあり方を問い直す思想的なよりどころ,子ども観や学習観はむしろきわめて明確である。オープンスクールの思想的立場は,デューイDewey,J.に代表される児童中心主義の中でも知性主義的で比較的穏健な系譜に求めることができる。また,子ども観,発達観にはピアジェPiajet,J.の影響が強い。そこでは,子どもは生まれながらにして能動的な学習者であり,自らを取り巻く環境との自発的で個性的な相互作用によって学習を展開する存在と考えられた。したがって教師や学校の役割は,もっぱら教育的に価値ある相互作用をより望ましく誘発し促進しうる環境の創造と整備にある。このような立場から見れば,従来の学校は学年,学級,時間割,教室,教科などのさまざまな壁(形式)によって著しく閉ざされている。オープンスクールは子どもの発達と学習の事実をよりどころにこれらの壁を開き,新しい学校教育の豊かな創出をめざした草の根の体制内改革運動であったといえよう。 →カリキュラム →フリースクール
〔奈須 正裕〕

出典 最新 心理学事典最新 心理学事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オープンスクールの関連情報