カイザースラウテルン(英語表記)Kaiserslautern

世界大百科事典 第2版の解説

カイザースラウテルン【Kaiserslautern】

ドイツ西部,ラインラント・ファルツ州の都市。人口10万2000(1995)。12世紀に皇帝フリードリヒ1世(赤髯王)の王宮(ファルツ)が置かれ,13世紀には帝国都市の資格も与えられたが,のちファルツ選帝侯の領有となる。ドイツ,フランスを結ぶ交通の要地にあり,三十年戦争,ファルツ継承戦争やスペイン継承戦争,またフランス革命戦争において,しばしば大きな戦いの舞台になった。19世紀以後工業都市として発展している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイザースラウテルン
かいざーすらうてるん
Kaiserslautern

ドイツ西部、ラインラント・プファルツ州の都市。人口9万9100(2003)。プファルツの森の丘陵地帯北端、ラウター川の低地にある。ライン川沿岸地方とモーゼル川上流域(ザール地方)とを結ぶ街道の中間に位置するため、すでに9世紀に市場と税関を備えた集落ができ、13世紀に都市権を得た。19世紀中ごろに鉄道が開通し、工業化とともに市街地が拡大した。紡績、ミシン・機械部品製造、自動車、鉄道車両修理など各種の工業が立地する。プファルツ地方西部の中心都市として、行政、金融、商業、教育文化の諸機能も充実している。[朝野洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイザースラウテルンの関連情報