コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイザースラウテルン Kaiserslautern

2件 の用語解説(カイザースラウテルンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カイザースラウテルン【Kaiserslautern】

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。人口10万2000(1995)。12世紀に皇帝フリードリヒ1世(赤髯王)の王宮(ファルツ)が置かれ,13世紀には帝国都市の資格も与えられたが,のちファルツ選帝侯の領有となる。ドイツフランスを結ぶ交通の要地にあり,三十年戦争ファルツ継承戦争スペイン継承戦争,またフランス革命戦争において,しばしば大きな戦いの舞台になった。19世紀以後工業都市として発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイザースラウテルン
かいざーすらうてるん
Kaiserslautern

ドイツ西部、ラインラント・プファルツ州の都市。人口9万9100(2003)。プファルツの森の丘陵地帯北端、ラウター川の低地にある。ライン川沿岸地方とモーゼル川上流域(ザール地方)とを結ぶ街道の中間に位置するため、すでに9世紀に市場と税関を備えた集落ができ、13世紀に都市権を得た。19世紀中ごろに鉄道が開通し、工業化とともに市街地が拡大した。紡績、ミシン・機械部品製造、自動車鉄道車両修理など各種の工業が立地する。プファルツ地方西部の中心都市として、行政、金融、商業、教育文化の諸機能も充実している。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイザースラウテルンの関連キーワードコブレンツファルツボッパルトマインツエルツ城カウプドイチェスエックファルツ城ブラウバッハラインフェルス城

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カイザースラウテルンの関連情報