コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイツブリ Tachybaptus ruficollis; little grebe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイツブリ
Tachybaptus ruficollis; little grebe

カイツブリ目カイツブリ科。全長 26cm。全体に黒褐色で地味であるが,夏羽(→羽衣)では,頬から後頸部にかけて赤褐色になり,は先端と基部が黄白色でほかの部分は黒い。冬羽では,夏羽の赤褐色部を欠き,嘴も灰褐色になり,いっそう地味になる。ユーラシア大陸とアフリカに広く繁殖分布し,北方で繁殖するものは南方へ渡って越冬する。日本でも各地の湖沼に生息し,古くから「にほ(カイツブリの古名)の浮巣(うきす)」として知られる巣を,湖沼に生えるアシ,マコモ,ヒシなどの間に水草を積み重ねてつくって繁殖する。なお,カイツブリ科 Podicipedidaeは約 20種からなり,全長 20~50cmでほぼ全世界に分布している。どの種も全体に地味な羽色であるが,一部の種の生殖羽は頭部や頸部によく目立つ飾り羽をもつ。典型的な潜水性の鳥で,大きな湖,川,内湾などに生息し,おもに魚類を捕食する。日本には 5種が分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カイツブリ

ニオ(),モグリとも。カイツブリ科の鳥。翼長10cm。雌雄同色で夏羽の背面は黒褐色,頭側と頸は褐色。冬羽は一般に淡い。ユーラシア大陸中南部,アフリカに広く分布し,日本では全国の湖沼や川に一年中見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイツブリ
かいつぶり /
grebe

鳥綱カイツブリ目カイツブリ科に属する鳥の総称。この科Podicipedidaeの仲間は世界に20種あり、潜水性の水鳥で、池、沼、静かな江湾などにすむ。全長23~72センチメートル。一般に体の上側は暗褐色か灰褐色、下側は白い。体羽は柔らかく豊かで、硬い尾羽はない。足は体の最後方につき、足指は平たい弁足で、(ふしょ)も扁平(へんぺい)である。小魚、水中の小動物、および少量の水草を、弁足を左右に開いて潜水し採餌(さいじ)する。自己の体下面の絹状の羽毛を抜き取って食べる習性があるが、食べた羽毛は不消化物の吐出に役だつと考えられる。日本には旧世界に広く分布するカイツブリPachybaptus ruficollisのほか、カンムリカイツブリPodiceps cristatus、アカエリカイツブリP. griseigena、ハジロカイツブリP. nigricollis、ミミカイツブリP. auritusの同属4種が生息し、これらの4種は冬季には主として海にすむ。カンムリカイツブリは旧世界で、他の3種は北半球北部で広く繁殖している。[黒田長久]

生態

通常は雌雄で縄張りをもち、巣は水上に水草でつくる浮き巣(下部は水草などに固定する)である。卵は1腹3~8個で、初めは白色であるが、巣材の「あく」でしだいに褐色に変わる。雌雄が交代で抱卵するが、その期間は小形のカイツブリで20日、大形のカンムリカイツブリでは25日ぐらいである。綿羽の雛(ひな)は頭部に白黒の縦縞(たてじま)があり、親の背に乗り運ばれる。親は潜って小さい餌(えさ)をとらえ、自分の嘴(くちばし)からじかに雛についばませる。卵は太陽熱と巣材の発酵熱で過熱するため、親が翼を振動させ送風して冷やす。また、巣を離れるときは卵を巣材で覆い隠して外敵から守る。[黒田長久]

行動

雌雄は同色で、互いに向かい合い、または並んでさまざまな求愛動作をする。そのうち、巣などの上で行う交尾動作などの台上行動platform behaviorは全種類に共通点が多いが、求愛行動については、よく発達していないものと、種ごとに著しいものとの二つのグループがある。前者にはカイツブリ属Pachybaptus、オビハシカイツブリ属Podilymbus、コバネカイツブリ属Rollandiaの計7種があり、これらの種では頭部に飾り羽がなく、後足の第2趾穿孔筋(せんこうきん)の腱(けん)は独立の骨穴を通るなどの特徴がある。一方、後者にはカンムリカイツブリ属Podiceps11種とアメリカカイツブリ属Aechmorhynchus1種が属し、前記の腱は独立しない。繁殖期には頭部に飾り羽が発達し、求愛行動は、水上に体を立て並んで進む「ペンギン姿勢」、向かい合って行う「直立餌交換」、攻撃姿勢をとる「ネコ姿勢」などがあり、とくにカンムリカイツブリでよく観察されている。アメリカカイツブリA. occidentalisでは独特の「直立鶴頸(かくけい)突進」行動がある。カンムリカイツブリ属の種ごとに特色のある頭部の飾り羽は、種間の交雑を防止するための特徴として発達したと思われる。なお、隔離された湖沼の留鳥種は飛力退化の傾向があり、たとえばグアテマラのアティトラン湖にいるオオオビハシカイツブリPodilymbus gigasや、アンデスのティティカカ湖にいるコバネカイツブリR. micropterumは無飛力である。
 なおカイツブリは古名をニオ(鳰)といい、その巣は「ニオの浮き巣」として詩歌に詠まれた。また、よく潜るので「モグリ」とか「ムグリ」という地方名もある。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鷿〓 (カイツブリ)
※〓は「虎」の右に「鳥」。

学名:Tachybaptus ruficollis
動物。カイツブリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

カイツブリの関連キーワードカイツブリ(鸊鷉)アカエリカイツブリカンムリカイツブリ浮き巣鳥・浮巣鳥ヒレアシ(鰭足)ディスプレー浮き巣・浮巣かいちゃんつぶちゃん滋賀[県]鳰の浮き巣鸊鷉・鳰フェザー浮き巣浮巣鳥游禽類離巣性息長鳥羽白鳰アビ目

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイツブリの関連情報