コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキツバタ カキツバタIris laevigata

3件 の用語解説(カキツバタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カキツバタ
Iris laevigata

アヤメ科の多年草。本州の中部以北の水湿地に自生し,また観賞用に栽培される。高さ 50cm前後,葉は剣状でアヤメやノハナショウブに似ているが,中央の葉脈は隆起しない。花は初夏に咲き,濃紫色で,3枚の外花被片は反転して垂れ下がり,各片の中央に縦に黄白色の筋が入る。弁の基部にアヤメのような網目模様はない。内花被片は幅が狭くほぼ直立する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カキツバタ

北海道〜九州,東アジアの沼沢地に自生するアヤメ科の多年草。観賞用に庭の池辺にも植えられる。葉は剣状で中央脈がなく,花茎は分枝せず,高さ50〜70cm。花は濃紫色で5〜6月に開き,径約15cm,大きくたれ下がった外花被片は下部の中央が黄色い。
→関連項目アイリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カキツバタ
かきつばた / 杜若・燕子花
[学]Iris laevigata Fisch.

アヤメ科の多年草。根茎は堅く、枯れた葉の繊維に覆われる。葉は剣状、長さ30~70センチメートル、幅2~3センチメートル、先は少し垂れ、中央脈は不明、光沢はない。花茎は高さ50~70センチメートル、分枝せず、5~6月、先に2、3花を開く。花は青紫色、径約12センチメートル、外花被片(がいかひへん)の弦部は広倒卵形で垂れ、長さ5~7センチメートル、中央より下に中央脈に沿って白色または淡黄色の斑紋(はんもん)がある。内花被片は矛形で直立する。白色花品種はシロカキツバタという。愛知県、京都府、鳥取県などには国指定天然記念物の大群落がある。湿地や水辺に群生し、日本全土のほか、朝鮮、中国東北部、シベリア東部に分布する。古来、花汁を用いて布を染めたので書き付け花とよばれ、転化してカキツバタとなったという。アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培され、季語として親しまれ、家紋にも用いられている。江戸時代に園芸化が進み、多くの品種がつくりだされたが、現在は少ない。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カキツバタの関連情報