コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カグー カグーRhynochetos jubatus; kagu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カグー
Rhynochetos jubatus; kagu

ジャノメドリ目カグー科。全長 55~60cm。1科 1属 1種。分類についてはまだ不明な点もある。かつてはツル目に置かれていた。全身ほぼ青灰色で,には白色と黒色の横帯がある。眼が赤く,やや長い橙赤色のと脚をもつ。頭上には後方に伸びる冠羽(→羽冠)があり,威嚇やディスプレイの際に立てる。ニューカレドニア島にのみ分布する。深い森林にすみ,おもに夜間活動する。飛翔力はほとんどなく,地上でミミズ,昆虫類カタツムリなどをとる。1900年代の初めに,島の開発によって生息数が激減し,今日では,絶滅のおそれがあるため保護政策がとられている。ワシントン条約附属書I適用鳥。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カグー(kagu)

ツル目カグー科の鳥。全長55~60センチ。全身は灰白色で冠羽が目立つ。翼をもつが飛行能力はほとんどなく、森林で地上の小動物をとって食べる。ニューカレドニアの特産で、同国国鳥

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カグー【kagu】

ツル目カグー科の鳥。この科はニューカレドニア島特産の1種だけからなる。この鳥は現在絶滅の危機にあり,国際保護鳥に指定されている。類縁関係は明らかでないが,この科にいちばん近いのは南アメリカに分布するジャノメドリ科と考えられている。全長約60cm。雌雄は同大同色。全身ほぼ灰白色,初列風切には数本の黒と白の横帯がある。くちばしと脚は橙黄色,虹彩は赤。後頭房状の冠羽があり,外観はサギ類に似ている。カグーは1852年に初めてこの島に定住したフランス人によって発見され,60年に新種として記載された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カグー【kagu】

ツル目カグー科の鳥。ニューカレドニア島にのみすむ飛べない鳥。サギに似て背面は青灰色、腹面は白、後頭部にはたき状の冠羽をもつ。嘴くちばしと足・目が赤い。環境の悪化で激減。国際保護鳥。カンムリサギモドキ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カグー
かぐー
kagu
[学]Rhynochetos jubatus

鳥綱ツル目カグー科の鳥。この科Rhynochetidaeはカグー1種だけからなる。全長約56センチメートル。背面はスレート灰色で、後頭に房状の冠羽があり、腹は薄い灰色である。翼には黒、白、栗(くり)色の横帯があるが、この横帯は、翼を広げてディスプレーするときだけ目だつ。嘴(くちばし)と足は橙赤(とうせき)色。ニューカレドニア島の特産で、島の奥地の深い森林にすむ。カグーの名は、原住民の呼び名(彼らはこの鳥の声から名づけた)に由来する。幅広い大きな翼があるが、飛ぶことはほとんどなく、もっぱら地上で生活し、夜間活動する。その大きな声は遠くまで聞こえるが、野生のものの姿を見た人は非常に少ない。食物は主として地上と土中の昆虫類、小動物、ミミズなどで、プラコスティルス属Placostylusの巻き貝をとくに好むといわれる。野生の鳥の繁殖はまだわかっていないが、飼育下では地上に小枝と葉を集めて巣をつくり、灰色と褐色の斑(ふ)のあるクリーム色の卵を1個産む。抱卵と育雛(いくすう)は雌雄交代で行う。この鳥は、かつては食用にされるほど多くいたが、森林の伐採とイヌやネコなどの天敵の移入で急激に減少し、現在では絶滅のおそれのある鳥の一つとして、国際保護鳥に指定されている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カグーの関連キーワードミッシェルコルバッソン動物森林公園ラリビエールブルー州立公園パスカグーラヤングース腹面

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カグーの関連情報