カシン=ベック病(読み)カシン=ベックびょう(英語表記)Kaschin-Beck disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシン=ベック病
カシン=ベックびょう
Kaschin-Beck disease

地方病性変形性骨関節炎ともいう。東部シベリア,中国東北地方に多い地方病の一種。日本でも山口,東京,千葉で疑わしい症例が出ているが確証はない。ソ連の医師 N.カシンと E.ベックの名を取ってこの病名がつけられた。貧困者,高齢者に多い。小児期に潜行的に起り,徐々に進行し,主として手足の指の小関節が侵され,次第に大関節にも及ぶ。多くは関節の腫脹や変形が生じ,O脚X脚,不完全脱臼,自然骨折もみられる。疼痛があり,春秋に悪化する。原因は鉄分の過剰摂取,ビタミンAの欠乏や重金属の中毒などがあげられているが,植物の分解で生じる有毒物が飲料水に含まれるためという説もあり,真の原因はわかっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カシン=ベック病【カシンベックびょう】

中国東北,朝鮮半島,シベリアの風土病の一つ。骨端軟骨変性と関節の腫瘍(しゅよう)を特徴とし,重症になると,身長の伸びが止まったり,唾液(だえき)腺ホルモンの分泌異常を引き起こすことも。小児の脊椎に変化が起これば小人症となる。手足の指骨に最もよく起こる。飲料水中の各種鉱物,穀類についた菌類,植物性アルカロイド等が原因との説があり,唾液腺ホルモンとの関係が論議されている。日本では山口県,北海道,東京都などで報告例がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カシンベックびょう【カシン=ベック病 Kashin‐Beck disease】

1861年東部シベリアでロシアのカシンN.I.Kashinによって発見され,その後ベック夫妻E.V.Beck,A.N.Beckによって詳述された骨変形を起こす疾患で,中国東北地方,朝鮮北部にもみられた地方病。地方病性変形性骨関節炎osteoarthritis deformans endemicaともいう。成長期の子どもの骨端軟骨の変性や関節の腫張などが特徴的な初期の病変で,重症になると,身長の伸びが止まったり,唾液腺上皮細胞の変性,唾液腺ホルモンの分泌異常もひき起こすといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android