カステル・ガンドルフォ(読み)カステルガンドルフォ

百科事典マイペディアの解説

カステル・ガンドルフォ

イタリア中部,ローマの南東約25kmにある町。アルバノ湖に臨む。アルバノ山地に点在する中世都市〈カステリ・ロマーニ〉の一つ。17世紀以来教皇の夏季の別荘,バチカン市国の天体観測所がある。古代ローマの都市遺跡アルバ・ロンガが近くにある。
→関連項目ラチオ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カステル・ガンドルフォ
かすてるがんどるふぉ
Castel Gandolfo

イタリア中部、ラツィオ州ローマ県の町。アルバーノ湖岸にある。人口6927(2001国勢調査速報値)。ローマの伝説上の英雄アイネイアスの息子、アスカニウスAscaniusによって建設されたといわれる古代都市アルバ・ロンガAlba Longaの所在地。紀元前7世紀、トゥルス・ホスティリウスに滅ぼされ、住民はローマに移されたといわれる。ローマ帝政期には貴族の別荘地であった。現在の町の名は、12世紀にここに城を築いたガンドルフィ家に由来する。17世紀以来、ローマ教皇の別荘がある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android