カストル(読み)かすとる(英語表記)Castor

翻訳|castor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カストル(ふたご座)
かすとる
Castor

ふたご座のα(アルファ)星。ギリシア神話の大神ゼウスの息子で、双子の兄の名前「Kastor」に由来。日本のいくつかの地方では、双子の対の星(ポルックス)とともに「二つ星(ふたつぼし)」「二星(にぼし)」などとよばれる。実視等級1.6等で青白い輝きを放っている。距離は52光年。天球上の位置は、2000年分点の座標で赤経7時35分、赤緯プラス31度53分。日本では冬の宵に天頂付近を通る。カストルは六重連星という珍しい星である。望遠鏡で見ると、1.98等のカストルA星と2.88等のカストルB星とが実視連星系をなし、420~500年の周期で共通重心の周りを公転している。少し大きな望遠鏡で見ると、このA、B2星から角度で73秒離れたところに、光度9.0等の赤みがかったカストルC星があり、A、B2星の周りを公転している。公転周期は数万年以上と思われる。著しい特徴として、A、B、Cの3星とも連星であることが知られている。A星は公転周期9.21日の分光連星。主星(Aa星)はスペクトル型A1Vの主系列星で、表面温度約9300K、質量は太陽の約2.2倍、半径は2.3倍程度、伴星(Ab星)はスペクトル型が不明だが、質量は太陽の半分程度と推定されている。B星は公転周期2.93日の分光連星。主星(Ba星)はスペクトル型A2Vm、すなわち主系列の金属線A型星で、表面温度9000K程度、質量は太陽の約1.7倍、半径は1.6倍程度、伴星(Bb星)はスペクトル型不明で、質量は太陽の半分程度と見積もられている。C星は公転周期0.814日の分光連星かつ食連星であり、ふたご座YY星という変光星名をもつ。主星、伴星ともスペクトル型M1Veの主系列星で、表面温度はともに約3700K。主星(Ca星)の質量は太陽の0.62倍、半径は0.76倍、伴星(Cb星)の質量は太陽の0.57倍、半径は0.68倍。両星とも表面活動が盛んなために、ときどき爆発(フレア)をおこし、すこし明るくなることがある。[岡崎 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android