コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カセミミズ Epimeria verrucosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カセミミズ
Epimeria verrucosa

軟体動物門無板綱サンゴノホソヒモ科。体長 30cm,体幅 1cm。体は芋虫状で細長く,濃褐色の地に黄,緑,色などの斑紋があり,毒々しい感じを与える。体表は平滑,あるいは多少いぼ状の突起がある。口は体の前端にあり,腹側には縦に細溝があるが,これは足が退化したものである。体に触れると腹側へ曲って丸まる。肛門は体の後端にある。和歌山県田辺湾,九州の天草諸島,長崎半島およびインドネシアの水深 30~60mの岩礁のヤギ類に巻きついてすみ,ウミアザミやトゲトサカ類を食べている。8~10月に1対の卵帯を産む。近縁種オオシマカセミミズ E. oshimaiは九州西岸で本種とともに採集される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カセミミズ

無板類(溝腹類)に属するミミズ状の軟体動物腹部の細い溝が特徴で,触角,目,えらを欠く。最大は体長30cm,太さ1cmくらいになる。体色は濃褐色。個体によって黄,藍,緑などの斑紋がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カセミミズ
かせみみず / 悴蚯蚓
[学]Epimenia verrucosa

軟体動物門無板綱サンゴノヒモ科のミミズ様の動物。和歌山県、熊本県の天草、伊豆七島などから知られ、熱帯太平洋に分布し、水深30~100メートルの岩礫(がんれき)底に生えるヤギ類上に巻き付いてすむ。体長10センチメートル、直径1センチメートルぐらいの、丸みのある細長いミミズ様で、体表は平滑かいぼいぼ、濃緑褐色の地に、黄色、紺色、緑色などの斑点(はんてん)がある。口は前端にあるが、目、触角などはなく、腹側には細い溝が縦走するので、本種の属する無板類は溝腹類ともよばれる。体に刺激を与えると腹側へ巻いて丸くなり、体後部は損傷しても再生能力がある。イソバナ、トゲトサカ類などの八放サンゴの軟部を歯舌でかきとって食べている。産卵期は8~10月で、1対の紐(ひも)状の卵塊を産む。九州西岸には同属のオオシマカセミミズE. ohshimaiを産する。体長9~12センチメートル。外形はカセミミズと似ているが、体は美しい橙赤(とうせき)色で、背中線上に走る1条の黄色帯をもつ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カセミミズの関連キーワード外套膜無板類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android