コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタヤマガイ カタヤマガイOncomelania hupensis nosophora; Japanese blood fluke intermediate host snail

2件 の用語解説(カタヤマガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタヤマガイ
カタヤマガイ
Oncomelania hupensis nosophora; Japanese blood fluke intermediate host snail

軟体動物門腹足綱イツマデガイ科。殻高 0.7cm,殻径 0.25cm内外。殻は高円錐形で堅固。螺層は8階。殻表は栗褐色,平滑で光沢がある。殻口は卵形で,外縁は多少厚くなる。日本住血吸虫中間宿主で,田植えの頃,吸虫のケルカリアが水中に泳ぎ出て浮いているとき素足で水中に入ると,皮膚から体内に侵入して日本住血吸虫症を引き起こす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カタヤマガイ
かたやまがい / 片山貝
Japanese blood fluke intermediate host snail
[学]Oncomelania nosophora

軟体動物門腹足綱イツマデガイ科の巻き貝。半淡水性の小形種で、殻高7ミリメートル、殻径2.5ミリメートル内外、高円錐(えんすい)形で螺層(らそう)は8階、殻表は黄褐色で半透明の光沢がある。日本住血吸虫の中間宿主で、この吸虫による疾患が広島県福山市中央部東側の小高い丘である片山(かたやま)付近の風土病として最初に知られたところから、カタヤマガイの名がついた。また、日本住血吸虫の発育過程の一時期であるセルカリアがこの貝を中間宿主として利用することを発見した宮入慶之助を記念してミヤイリガイともよばれる。この貝の駆除には石灰を散布したり、田溝をコンクリートにするなどの努力が払われているが根絶に至っておらず、上記の福山付近のほか、福岡県久留米(くるめ)地方や山梨県などに分布している。
 本種の属するカタヤマガイ属は日本のほか、中国の揚子江(ようすこう)流域や台湾、フィリピンなどにも分布しており、それらの地方にも日本住血吸虫の患者があり、その数はおよそ4600万人に達するという。第二次世界大戦中フィリピンのレイテ島に上陸したアメリカ軍が水浴して約2000人の患者を出したのが契機となって、本類の分類、生活史などの生物学的研究が一段と詳しくわかるようになった。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone