コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチンスキ カチンスキ Kaczyński, Lech

2件 の用語解説(カチンスキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチンスキ
カチンスキ
Kaczyński, Lech

[生]1949.6.18. ポーランドワルシャワ
[没]2010.4.10. ロシアスモレンスク
ポーランドの政治家。大統領(在任 2005~10)。双子の兄ヤロスワフ・カチンスキとともにワルシャワ大学に学び,のちにグダニスク大学で法学の学位を取得。1980年代初めには兄弟ともにレフ・ワレサ率いる自主管理労働組合連帯」に参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カチンスキ
かちんすき
Lech Kaczynski
(1949―2010)

ポーランドの政治家。2005年10月、ドイツとロシアという強大な隣国に負けない「強いポーランドにする」と訴えて、ポーランド大統領選に当選した。そのことば通り、遠く離れたアメリカと緊密な関係を結びながら、ロシアに対しては防衛問題で、ドイツに対しては歴史認識の問題で、強い姿勢で臨んだ。
 ワルシャワ生まれ。両親は、第二次世界大戦中にドイツ占領軍に対して市民が立ち上がった「ワルシャワ蜂起(ほうき)」に加わった経歴をもつ。ワルシャワ大学で法律学を学んだ後、グダニスク大学研究員となり労働法を専攻する。やがて労働運動にかかわるようになり、自主管理労組「連帯」のメンバーとなった。共産党第一書記ヤルゼルスキのもとで戒厳令が布告された1980年代初めには、獄中生活も経験した。共産党支配が終わり、1990年に大統領となった「連帯」議長ワレサの右腕として政界入り。その後、ワレサとは袂(たもと)を分かったが、2000年に法相に就任、2002年には「汚職追放」を掲げてワルシャワ市長に当選した。
 モットーは「法と秩序の回復」。一卵性双生児の兄ヤロスワフと一緒に旗揚げした右派政党の名も「法と正義」であった。兄は2006年7月に首相に就任(2007年11月辞任)。二人が子供のころに出演した映画『月を盗んだ二人』(1962)は大ヒットし、その後もテレビで再映されたほどである。タカ派的発言が多かったにもかかわらず、国民受けがよかったのは、子役として定着したイメージと無縁ではないようだ。乗っていた政府専用機の墜落事故により死亡。[宮明 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カチンスキの関連キーワード逆ポーランド記法ポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党アマポーラポーランド室内管弦楽団オーランド[諸島]ノバ・フータ阪東宏リスト:6つのポーランドの歌(ショパン)/piano solo

カチンスキの関連情報