コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カツラ(桂) カツラCercidiphyllum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カツラ(桂)
カツラ
Cercidiphyllum japonicum

カツラ科の落葉大高木。日本各地の山地に生え,高さ 30m,直径 2mにもなる。樹皮裂け目ができて薄くはげる。葉は対生し細長い柄をもった心臓形で鋸歯がある。明るい緑色で裏面は粉白色。秋に黄葉する。春,葉に先立って短枝上に裸花をつける。雌雄異株。花に花被はなく,雄花には多数の紅色の葯 (やく) があり,雌花は3~5個のめしべから成り柱頭は淡紅色。材は軽く,狂いがないので,建築,家具などに用いる。樹皮は屋根ふきに用い,葉からは抹香をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カツラ(桂)の関連キーワードカツラ科アオイ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android