コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナイマ国立公園 カナイマこくりつこうえんCanaima National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナイマ国立公園
カナイマこくりつこうえん
Canaima National Park

ベネズエラ東部にある国立公園。 1962年設定。面積3万 km2。熱帯雨林が大部分を占めるが,サバナなどもみられる。バク,イノシシ,ナマケモノ,アルマジロ,ワニ,ワシ,オウムなど動物も豊富。落差 979mのエンジェル滝が有名。 1994年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カナイマ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カナイマ国立公園】

Parque Nacional Canaima》ベネズエラ東部、ギアナ高地の中心部にある国立公園。総面積約3万平方キロメートル。テプイとよばれる標高差1000メートルにもおよぶテーブル状の山々が多数散在し、世界最大の落差をもつアンヘル滝がある。切り立った断崖で囲まれたテプイには、それぞれ原始的な特徴をもつ固有の動植物が独自の生態系を形成している。1994年、世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カナイマ国立公園【カナイマこくりつこうえん】

ベネズエラの南東部に位置するギアナ高地の東端部にある国立公園。標高1000mを超す高原上に標高2600m急の垂直な岩壁を持つ巨大なテーブルマウンテンが100以上もそそり立ち奇観を呈しており,その1つアウヤン・テプイ山からは一段の滝としては世界最長のアンヘル滝(落差979m)が落下している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

カナイマこくりつこうえん【カナイマ国立公園】

1994年に登録された世界遺産(自然遺産)で、ベネズエラ南東部のギアナ高地に位置し、1962年には国立公園に指定された。いまだに人跡未踏の場所が点在する、世界最後の秘境といわれる。岩は古い地層のロライマ層で、およそ17億年前に形成された地殻が隆起して浸食された、テーブルマウンテンが100以上も存在する。カラオ川の上流には、先住民が「悪魔の山」と恐れたアウヤン・テプイ山と呼ばれるテーブルマウンテンがあり、そこから落差が979mもある「アンヘル滝(エンジェル滝)」が流れ落ちている。3万km2にも及ぶサバンナ、熱帯雨林、垂直に切り立った絶壁などがあり、独自の進化を遂げた4000種以上の植物、ジャガーやベニコンゴウインコ、オオハシ、ヤマアラシ、ヤマネコなどの希少な動物が生息することから、世界遺産に登録された。◇英名はCanaima National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

カナイマ国立公園の関連キーワードサンタエレナデウアイレンアウヤンテプイシマンタ山塊グランサバナカナイマ湖ナマケモノアルマジロロライマ山イノシシサバナ大部分オウムワニバクワシ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android