カニムシ(蟹虫)(読み)カニムシ(英語表記)book‐scorpion

世界大百科事典 第2版の解説

カニムシ【カニムシ(蟹虫) book‐scorpion】

蛛形(ちゆけい)綱カニムシ目Pseudoscorpionesに属する節足動物の総称。刺激を与えるとすばやく後退するのでアトシザリアトビサリとも呼ばれる。体長1~6mm。体は頭胸部腹部に分かれ腹部には体節構造を有する。体色は白色淡褐色,褐色,灰色黒色などさまざまであるが,白色と淡褐色の種類がもっとも多い。頭胸部には鋏顎(きようがく)と2対の触肢,4対の歩脚があり,触肢先端には強大なはさみ(触手)をもち,毒腺をそなえる仲間も見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android