コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフェー カフェー café

翻訳|café

2件 の用語解説(カフェーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフェー
カフェー
café

コーヒー店 (喫茶店) 。トルコイスタンブールで 1551年に開店したコーヒー店を「カフエ」と名づけたものが最初。日本では 1888年に東京,上野にできた「可否茶館 (かっひいちゃかん) 」が最初で,以後各地に「カフェー…」が誕生,大正に入って東京,京橋に「カフェー・パウリスタ」が開店するに及んで一般化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カフェー
かふぇー
cafフランス語

カフェとも記す。日本では客席にホステスをはべらせて洋酒・洋食を供した、今日のキャバレーに類する、昭和初期の飲食店をいう場合が多い。カフェーは本来はコーヒーの意味であるが、転じて17世紀のヨーロッパに広がったコーヒーを飲ませる店(喫茶店)、やがては食事・酒を出す店をもいうようになった。アメリカでは軽食堂、酒場、ナイトクラブなども広くカフェーと称する。日本の喫茶店の始まりは、1888年(明治21)4月、東京・下谷(したや)西黒門町にできた可否茶館(カッヒーちゃかん)。カフェーを名のる第一号は、1911年(明治44)3月、東京・京橋区日吉(ひよし)町(現在の銀座8丁目)に開店したカフェ・プランタンで、若い画家や詩人たちの欧米風のたまり場、会話の場を求める声を受けて誕生した。洋酒・洋食もあって、女子従業員が給仕した。続いてライオン、パウリスタ、大阪ではキサラギ、ミカドができた。全盛期は1929、30年(昭和4、5)ごろから35年ごろまでの昭和の初めで、大阪のカフェー資本が東京へ乗り込み、露骨な性的サービスを売り物とするようになった。ネオン、ジャズ、そして脂粉の香り、嬌声(きょうせい)、媚態(びたい)は、不景気と失業の暗い世相から逃避したい大衆の心をひきつけ、「カフェの女給をワイフに持てば……」といった歌がはやった。32年ごろの全国のカフェー店数は3万軒、女子従業員は8万9000人にのぼった。
 世界では9世紀ごろ中東のメッカなどにできたのが最古。ヨーロッパでは1647年ベネチアに初めて開店した。勃興(ぼっこう)期のブルジョアに迎えられ、18世紀にはパリに600軒、ロンドンでは2000軒を超えた。芸術家や政経人が集まり、市民のサロンの役割を果たし、新しい芸術、思想、文化を生み出す場となった。啓蒙(けいもう)哲学者ディドロが通ったパリの「プロコープ」は百科全書誕生の場となり、「フォワ」で弁護士デムーランが「暴政に武器をとれ」と演説した2日後バスチーユが襲撃された。ボードレールの『悪の華』の標題が決められたのは「ランブラン」、ロンドンの「ロイズ」からはロイズ保険機構が生まれた、等々、文化史的な話題が多い。[森脇逸男]
『ゾンマー・バンメル、ローゼ・マリー著、マンフレート・ハム写真、青木真美訳、中村利治監訳『カフェの光景――世紀末ヨーロッパの主役たち』(1991・TOTO出版) ▽渡辺淳著『カフェ――ユニークな文化の場所』(1995・丸善) ▽クラウス・ティーレ・ドールマン著、平田達治・友田和秀訳『ヨーロッパのカフェ文化』(2000・大修館書店) ▽小林章夫著『コーヒー・ハウス――18世紀ロンドン、都市の生活史』(講談社学術文庫) ▽菊盛英夫著『文学カフェ』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカフェーの言及

【カフェ】より

…このように,カフェは,ヨーロッパ文化史の縮図である。【二宮 宏之】
[日本のカフェー]
 日本最初のコーヒー店は1888年(明治21)4月に東京下谷黒門町に開店した可否茶館だが,カフェとかカフェーを称する店の出現は1911年のことになる。その年の春まず銀座日吉町にカフェ・プランタンが開かれ,続いて8月に銀座尾張町角にカフェ・ライオン,11月に南鍋町にカフェ・パウリスタが開店した。…

【喫茶店】より

…日本の工業化を背景として,モダンな気分がするカフエは商売として成り立ち定着した。しかし,パリのカフェレストランをまねて,酒類や西洋料理を提供し,ウェートレスを客の横にはべらせてサービスをさせる店ができて,それはカフェーと称するようになった。昭和初期に音質,音量ともにすぐれた電気録音のレコードと電気蓄音器ができたので,それを使ってクラシック音楽を聞かせ,コーヒー等を飲ませる店として,まず名曲喫茶と称する喫茶店ができた。…

※「カフェー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カフェーの関連キーワードアイスコーヒーコーヒーショップトルココーヒー純喫茶珈琲ショップトルコ珈琲アイスコーヒー[微糖]カスタムコーヒーポッカコーヒー Mコーヒーキーコーヒー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カフェーの関連情報