コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフジ=ビエガ国立公園 カフジ=ビエガこくりつこうえんKahuzi-Biega National Park

1件 の用語解説(カフジ=ビエガ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフジ=ビエガ国立公園
カフジ=ビエガこくりつこうえん
Kahuzi-Biega National Park

コンゴ民主共和国東部,ルワンダに隣接する国立公園。面積約 6000km2。 1970年指定。キブ湖の西側に位置し,カフジ山とビエガ山を中心に広がる熱帯雨林地帯に属す。豊かな自然に恵まれ,多種多様な動植物の宝庫であるが,高さ 12mにも達する竹林が点在するのが特色。また,コンゴ民主共和国東部にのみ生息するヒガシローランドゴリラマウンテンゴリラの保護地となっていることでも知られる。 1980年世界遺産自然遺産に登録。近隣からの難民流入や密猟,国内経済の不況から公園の管理保全がずさんになり,マウンテンゴリラの生息に悪影響を及ぼしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone