カフジビエガ国立公園(読み)カフジビエガコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

カフジビエガ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カフジビエガ国立公園】

Parc national de Kahuzi-Biegaコンゴ民主共和国東部にある国立公園。カフジ山・ビエガ山の高山性熱帯雨林と、竹の密林、湿原などからなる。絶滅が危惧されているヒガシローランドゴリラの保護を目的に、1970年に国立公園に指定された。ほかに、アフリカゾウ、ライオン、チンパンジーなどが生息する。1980年、世界遺産(自然遺産)に登録されたが、ルワンダ内戦に伴い多くの難民が流入したことや、環境が悪化したことなどを理由に、1997年、危機遺産リストに登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android