コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフジビエガ国立公園 カフジビエガコクリツコウエン

1件 の用語解説(カフジビエガ国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カフジビエガ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カフジビエガ国立公園】

Parc national de Kahuzi-Biegaコンゴ民主共和国東部にある国立公園。カフジ山・ビエガ山の高山性熱帯雨林と、竹の密林、湿原などからなる。絶滅が危惧されているヒガシローランドゴリラの保護を目的に、1970年に国立公園に指定された。ほかに、アフリカゾウ、ライオンチンパンジーなどが生息する。1980年、世界遺産自然遺産)に登録されたが、ルワンダ内戦に伴い多くの難民が流入したことや、環境が悪化したことなどを理由に、1997年、危機遺産リストに登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カフジビエガ国立公園の関連キーワードコンゴ共和国コンゴ川コンゴ民主共和国マウンテンゴリラモンゴ族カタンガコンゴウバンギ[川]コンゴ王国ルバ族

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カフジビエガ国立公園の関連情報