コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブウェ Kabwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブウェ
Kabwe

旧称ブロークンヒル Broken Hill。ザンビア中部,同国最古の鉱業都市。セントラル州の州都。ルサカ北方約 90km,標高 1180mの高地に位置。鉱産資源に富み,特に鉛,亜鉛バナジウムの産出が多い。鉱床は 1903年に発見され,開発が進む。鉄道交通の要衝。周辺はタバコ,トウモロコシを主とする農業地帯で,それらの集散地でもある。 21年,付近でローデシア原人の化石が発見された。国内空港がある。人口 16万 6519 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カブウェ(Kabwe)

ザンビア中央部の都市。旧称ブロークンヒル。首都ルサカの北約120キロメートルに位置し、鉄道で結ばれる。20世紀初頭より鉛・亜鉛などを産し、鉱業都市として発展。1921年、ブロークンヒル鉱山において旧人ホモローデシエンシス(カブウェ人)の化石が発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カブウェ

ザンビア中部,ルサカの北約100kmにある鉱業都市。旧名ブロークン・ヒルを1967年に改名。標高約1180mの高地にあり,鉛,亜鉛,マンガンビスマス,金,鉄鉱などを産する。鉱物資源は1903年に発見された。農産物の集散地,ジンバブエへの交通の要地でもある。20万2000人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カブウェ【Kabwe】

南部アフリカのザンビア中央部,首都ルサカの北方約120kmにある鉱業都市。人口16万7000(1990)。鉛,亜鉛,バナジウムなどを主とする地下資源が豊富で,1903年にそれらの資源が発見され,20年代から採掘が開始され,その中心地として都市が形成された。かつてブロークン・ヒルという地名で知られていたが,それはオーストラリアのブロークン・ヒル鉱山と地質的に類似していたからだという。ザンビアの農業地帯の農産物集散地でもあり,ジンバブウェに至る鉄道,道路網などによって交通の要衝であり,空港も整備されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブウェ
かぶうぇ
Kabwe

アフリカ中南部、ザンビア中央部にある鉱業都市。首都ルサカと同国北部の産銅地帯を結ぶザンビア鉄道の中間に位置する。旧称ブロークン・ヒル。人口21万3800(2002推計)。中部州の州都でもある。植民地時代にブロークン・ヒル炭鉱で栄えた。ザンビア鉄道の本部もある。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android