コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプタイン カプタイン Kapteyn, Jacobus Cornelis

4件 の用語解説(カプタインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプタイン
カプタイン
Kapteyn, Jacobus Cornelis

[生]1851.1.19. バーネフェルト
[没]1922.6.18. アムステルダム
オランダ天文学者ユトレヒト大学に学んだのち,ライデン天文台研究員 (1875) 。フローニンゲン大学天文学,力学教授 (77) 。 D.ギルによる南天の観測データに基づいて,1896年に 50万の恒星に関する『ケープ写真掃天星表Cape Photographic Durchmusterungを完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カプタイン

オランダの天文学者。1878年フロニンゲン大学教授。英国のD.ギル〔1843-1914〕と協力してケープ写真星表を作製(1896年),1904年恒星の固有運動の統計から恒星界の二大星流二星流説参照)を発見,銀河系の構造研究にも貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カプタイン【Jacobus Cornelius Kapteyn】

1851‐1922
オランダの天文学者で,写真術の応用に業績があった。ユトレヒト大学を出てライデン天文台に入り,写真術を用い全天の星を記録,観測するという壮大な計画を立てて,20世紀の初めの四半世紀をふうびした。彼は,南アフリカケープ天文台においてD.ギルが撮影した写真を測定し,赤緯-18゜以南の45万4875星の《ケープ写真星表》(1896‐1900)を発表した。星表を出版するかたわら恒星の空間分布と運動の統計的研究を進めて,恒星の運動は銀河面に平行な対向する2星流からなるとした(1904)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプタイン
かぷたいん
Jacobus Cornelius Kapteyn
(1851―1922)

オランダの天文学者。バーネフェルトに生まれ、ユトレヒト大学で修学。1875年ライデン天文台研究員となり、1878年フローニンゲン大学の天文学・力学教授に就任した。1896年各国の天文台と提携して星野写真の組織的調査を遂行、とくにギルDavid Gill(1843―1914)の写真乾板を資料として1900年に『ケープ写真星表』3巻を刊行した。これには南天45万4875個の恒星の位置、光度、運動が収録された。1906年恒星の統計的研究を計画、全星野から無差別に206区を選択し、各区ごとに含有星数、視等級、固有運動を集計した。これにより平行運動をする星団を確認、その平均視差(共同距離)を算定して秒速242キロメートル高速度星をがか座に発見した(カプタイン星)。また反対方向に流動する二大星流を確認した。これらの統計的処理により1922年恒星集団系の規模を想定したが、それは直径5万5000光年、厚さがその5分の1の扁球(へんきゅう)で、銀河系構造論、統計天文学の開拓者となった。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプタインの関連キーワード航海天文学ドレーパーイギリスオランダ戦争オランダ渡りダッチ写真術オランダの罠オランダの犯罪天文学者ブラウアー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone