コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムデン カムデン Camden, William

4件 の用語解説(カムデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムデン
カムデン
Camden, William

[生]1551.5.2. ロンドン
[没]1623.11.9. ケント
イギリスの好古家,歴史家。オックスフォード大学に学んだのち,全国を旅行して故事を研究し,1600年"Britannia"を刊行。のちに彼を記念して Camden Society (1838) がつくられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カムデン
カムデン
Camden

アメリカ合衆国,ニュージャージー州西部の都市。デラウェア川にのぞみ,吊橋で対岸のフィラデルフィアと結ばれている。 1681年入植,その後フィラデルフィアへの渡し舟の発着所として発展したが,1834年鉄道が敷設されると,ニューヨークの市場とも結ばれることになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カムデン
カムデン
Camden

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。内部ロンドンに属する区で,ロンドン市(シティ)の北西に接する。ロンドンの発展とともに富豪の邸宅,ホテル,大学などが集中し,精密機器,家具,ピアノ,衣料などの製造業が発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムデン
かむでん
Camden

アメリカ合衆国、ニュー・ジャージー州南西部の工業都市。人口7万9904(2000)。デラウェア川に臨む貿易港で、同州南部地域の交通の要衝にあり、商工業の中心地として栄えるほか、対岸に位置するフィラデルフィアの衛星都市でもある。食品缶詰、機械、電子機器、薬品などの工業が盛んなほか、造船業がある。1828年市制が敷かれ、工業発展の基礎は南北戦争後に固まった。詩人W・ホイットマンが1873年からの晩年を過ごした土地として知られ、彼の家は生前の遺品とともに州立博物館として一般公開されている。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カムデンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カムデンの関連情報