コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメノテ カメノテ Capitulum mitella

3件 の用語解説(カメノテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメノテ
カメノテ
Capitulum mitella

顎脚綱有柄目ミョウガガイ科の海産動物。全長約 5cm。頭状部は大きな爪状の殻板数枚と 30個ほどの小さな殻板からなる。これに連なる柄部は小さな殻板で密に覆われて鱗状になっている。全体の印象がカメの手を思わせるのでその名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カメノテ

蔓脚(まんきゃく)類ミョウガガイ科の甲殻類。干潮線付近の岩礁の割れ目などに群がって着生する。色は黄色。全長7cm,幅4cmくらい。細かい鱗片でおおわれた太い柄があり,その先端の頭状部は長三角形で,大小合わせて30〜34個の殻板で包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメノテ
かめのて / 亀の手
[学]Mitella mitella

節足動物門甲殻綱完胸目ミョウガガイ科に属する海産動物。本州北端からマレー半島付近まで分布し、岩礁の高潮帯の岩の割れ目に群生固着する。全長5センチメートルほどで、頭状部はほぼ三角形で扁平(へんぺい)。上端に長三角形の爪(つめ)状の殻板があり、それらの基部を30個ほどの小さな殻板が取り巻き、これが柄部に連なっている。柄部は円筒形で、きわめて小さな殻板で密に覆われているため鱗(うろこ)状を呈する。これらの形が和名のようにカメの手を連想させる。雌雄同体。潮が満ちてくると頭状部の殻板の間から紫色の6対の蔓脚(まんきゃく)を伸ばし、プランクトンを集めて食べる。柄部内の肉を食用にする地方もあるが、焼いてもゆでてもエビの味がしておいしい。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメノテの関連キーワード延喜格大名飛脚蔓脚類烏帽子貝亀の手みょうがぼちカメノテ(亀の手)ミョウガガイ(茗荷介)ミョウガガイ科分脚

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カメノテの関連情報