カメルリン・オンネス(読み)カメルリンオンネス

百科事典マイペディアの解説

カメルリン・オンネス

オランダの物理学者,低温物理学の開拓者。フローニンゲン,ハイデルベルクの大学に学び,1882年ライデン大学教授。1894年同大に低温物理学研究所を創設,多量の液体空気(1904年),液体水素(1906年)を作り,1908年ヘリウム液化(液体ヘリウム)にはじめて成功し,1911年に超伝導を発見。1913年ノーベル物理学賞。
→関連項目エンタルピー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android