コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラフトアオアシシギ Tringa guttifer; Nordmann's greenshank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラフトアオアシシギ
Tringa guttifer; Nordmann's greenshank

チドリ目シギ科。全長 29~32cm。脚は緑がかった黄色。夏羽(→羽衣)の背面は黒褐色で白斑があり,腹面は白いが,胸と脇に粗い黒斑が密にある。腰は白く,尾羽は白黒の横縞模様。冬羽は夏羽より灰色がかり,腹面は全面が白くなる。背やは各羽毛の縁が白く,うろこ模様になる。はまっすぐで太く,基部側がくすんだ黄色で,先端側が黒い。オホーツク海の東部沿岸域やサハリン島で繁殖し,繁殖後はインド東端域やバングラデシュマレー諸島スマトラ島に渡って越冬する。干潟や沿岸の湿原に生息するが,巣は疎林につくり,がかえると近くの草原に移動する。おもに無脊椎動物を食べる。日本には渡りの途中に立ち寄り,海岸,干潟,河口,水田などで見られるが,渡来数は非常に少ない。繁殖地が狭く,日本に渡来するシギチドリ類のなかでは希少種の一つで,環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種にあげられている。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラフトアオアシシギ
からふとあおあししぎ / 樺太青足鷸
spotted greenshankNaumann's greenshank
[学]Tringa guttifer

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。全長約31センチメートル。繁殖地として樺太(からふと)(サハリン)だけが知られる珍しい種で、日本には旅鳥として訪れるが、その数は少ない。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラフトアオアシシギの関連キーワードサハリン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android