コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリウム・アルゴン法 カリウム・アルゴンほうpotassium-argon method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリウム・アルゴン法
カリウム・アルゴンほう
potassium-argon method

K-Ar法ともいう。カリウム 40がβ崩壊と電子捕獲により,カルシウム 40とアルゴン 40に放射崩壊することを利用して岩石絶対年代を決める方法の一つ。電子捕獲によって生じるアルゴン 40が岩石中に蓄積された量とカリウム 40の含有量 (カリウム全体の 0.0118%であることがわかっている) から岩石がアルゴンを蓄積しはじめてから現在にいたるまでの時間が算定される。カリウム 40の半減期は 1.25×109 年であるので,普通 106 年以上の年代測定に用いられる。岩石が生成されたあと何かの事件で加熱を受け,岩石からアルゴンが失われるようなことがあると,カリウム・アルゴン法はその事件からあとの年代を与えるので,ルビジウム・ストロンチウム法などから求めた年代よりも若い年代を与える場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カリウム・アルゴン法【カリウムアルゴンほう】

カリウムの放射性同位体4(0/)Kとその壊変生成物4(0/)Arを用いる年代測定法4(0/)Kは壊変によって4(0/)Caと4(0/)Arになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カリウム・アルゴン法の関連キーワードカリウムアルゴン年代測定法アルゴン・アルゴン法コオビフォラ遺跡神居古潭変成帯放射能年代測定気体保持年代放射年代測定ハダール遺跡三波川変成岩地球の年齢年代決定法海緑石年代学