コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリヤス(刈安)(読み)カリヤス(英語表記)Miscanthus tinctorius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリヤス(刈安)
カリヤス
Miscanthus tinctorius

イネ科の多年草。関東,本州中部,近畿地方の山地に群生する。ススキ属でススキによく似ているが小型で細い。イネ科の別種ウンヌケモドキ Eularia quadrinervis,コブナグサ Arthraxon hispidusをカリヤスということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カリヤス(刈安)【カリヤス】

本州中部の山地の陽地にはえるイネ科の多年草。は細く,まばらに束生し,高さ1m内外。8〜10月につく花穂は3〜10本の枝(総)に分かれ,それぞれに,のぎのない小穂を密生。古くは茎や葉から黄色の染料をとるために栽培された。なお,八丈島でカリヤスと呼ぶのは本種ではなく,コブナグサである。
→関連項目草木染

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリヤス【カリヤス(刈安) Miscanthus tinctorius (Steud.) Hack.】

イネ科ススキ属の多年草で,刈安の名は“刈りやすい草”の意味と解されている(イラスト)。異名近江刈安は滋賀県伊吹山に生えるカリヤスの意味。ヤマカリヤスの名もある。日本の本州中部の山地の特産種で,山林中の草地に群生することが多い。茎は株立ちとなり,高さは1mに達する。葉は茎の節につき,幅広い線形で,長さは30cm余り,幅は1~1.5cmあり,まばらに粗い毛がある。9~10月ころ,長さ15cmくらいの花序を出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android