コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルミナブラーナ 〈ラテン〉Carmina Burana

デジタル大辞泉の解説

カルミナ‐ブラーナ(〈ラテン〉Carmina Burana)

《ボイエルン詩歌集の意》
ラテン語およびドイツ語で記された、12、3世紀のヨーロッパの詩歌集。1803年、ミュンヘンの南のベネディクトボイエルン修道院で手写本が発見された。当時の放浪学徒の作と想像される、恋・酒・教会風刺の歌が多数含まれる。
の詩に基づく、ドイツ人カール=オルフ作曲のカンタータ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カルミナブラーナ【Carmina Burana】

〔「ボイエルンの歌」の意〕
中世ヨーロッパの、ラテン語(一部ドイツ語)による世俗歌謡集。風刺・恋愛・酒・賭博などの歌二六〇編余と、六編の宗教劇を収める。遍歴学生文芸の代表的存在。一九世紀初め南ドイツのベネディクト-ボイエルン修道院で発見された。 C =オルフ(1895~1982)がこれに基づいて作曲した同名のカンタータがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルミナブラーナの関連情報